中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
中国の婚活実態調査 男女ともに好かれるのは「楽観的で明るく活発な人」
  ·   2017-08-29
タグ: 独身者;婚活;社会
印刷

膨大な数に上るホワイトカラー層は、残業に追われ、生活圏が狭いことから、だんだんと独身者のたまり場と化している。七夕(旧暦7月7日。今年は8月28日)の到来に伴い、婚活サイト「珍愛網」は、ビジネスSNSプラットフォーム「LinkedIn(リンクトイン)」と共同で、職場のホワイトカラーを対象としたオンライン・サンプリング調査を実施した。調査の結果、彼らの7割以上が毎日残業をしていることが分かった。北京や上海の独身男女が結婚相手を見つける方法は、「職場での出会い」と「婚活サイトの利用」が最も多かった。また、最も結婚相手として人気が高かったのは、「公共機関で働く若い女性」と「外資系企業で働く若い男性」だった。地域別に見ると、東北地区では、国有企業に勤める人の人気が高い傾向があった。相手の「顔」を最も重視するのはIT業界で働く男性で、相手の収入を最も重視するのは外資系企業の独身男性だった。女性は、配偶者を選ぶ際に、「相手の男性の最低収入」という条件を設けており、「年収10万元(1元は約16.4円)以上」とした女性は7割を占めた。北京晨報が伝えた。

〇独身男性の7割超「毎日残業している」 

働いている独身者のうち、「もともと残業はしない」と答えたのはわずか3割で、7割が「毎日残業している」と答えた。残業時間については、独身女性より独身男性の方がやや長かった。残業する独身者のうち、男性で「毎日平均2時間以上残業している」のは約3割と、女性より1割多かった。

勤めている会社によって、残業の状況も異なるのであろうか?調査によると、外資系企業に勤める独身男女で残業している人の割合は76%、国有企業は72%、民営企業は77%、中央企業は83%、公共機関は64%だった。

〇北京と上海の独身男女、結婚相手探しは職場が最多 

日常生活の範囲が狭く、仕事に忙しい男女は、いったいどうやって結婚相手を探すのだろう?調査によると、独身男女のうち、「親戚に紹介してもらう」が31%を占め、「職場で出会う」が23%、「婚活サイトを積極的に利用する」が20%、「同窓会で出会いのチャンスをつかむ」は15%、「お見合いパーティに参加する」が12%だった。

地域別に見ると、北京・上海エリアの独身男女は、「出会いの場」の第一選択肢として「職場」を挙げた。「親戚や友人の紹介」が最も多かったのは、深セン・広州エリアの独身男女だった。武漢・瀋陽エリアの独身男女の間では、「婚活サイトの利用」が最も人気が高かった。

〇結婚相手選び、「顔を最重要視」はIT業男性、「収入」は外資系企業男性 

ホワイトカラーが結婚相手を選ぶ際、もっとも重視するポイントは何だろう?統計データによると、彼らが結婚相手を選ぶ際には、「性格」、「ルックス」、「生活習慣」を重視する傾向がある。年齢別でみると、「70後(1970年代生まれ)」は相手の「収入」、「80後(1980年代生まれ)」は相手の「ルックス」、「90後(1990年代生まれ)」は相手の「生活習慣」をそれぞれ最も重視していた。企業タイプ別では、結婚相手を選ぶ際に、国有企業の従業員は相手の「ルックス」、外資系企業の独身男女は相手の「収入」をそれぞれ重視していた。業種別に見ると、IT業界の男性は相手の「顔」、男性起業家は相手の「趣味嗜好」、金融業の男性は相手の「学歴」をそれぞれ最も重視していた。また、公務員の女性は相手の「顔」、人事担当の女性は相手の「収入」をそれぞれ重視していた。

このような傾向について、深センで起業した「80後」の劉氏は、「私自身は起業に至るまでに大変苦労し、自分の時間のほぼ全てを仕事に投入した。だから、結婚相手を選ぶ際には、相手の女性の趣味嗜好に注目している。私と共感してくれる部分が多いかどうか、共通の趣味を楽しめるかどうかは、極めて重要なポイントだ」と話した。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: