中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
中国のモバイル決済、アフリカに「指標」を確立
  ·   2017-10-11
タグ: モバイル決済;アフリカ;社会
印刷

アフリカでは圧倒的多数の人々が、今もなお「現金第一主義」で生活している。どこに行くにも、必ず十分な額の現金を携帯する。その理由は、クレジットカード決済が可能なところがそれほど多くないからだ。だが、中国のモバイル決済企業が最近、アフリカへ進出し始めている。アフリカでスマホを使って決済できる日は、それほど遠い未来ではないかもしれない。人民日報が伝えた。

南アフリカ共和国ヨハネスブルグ北部の郊外にあるローズバンクには、現代的なショッピングモールがある。ここには、数多くのレストランが並び、活気にあふれている。現地の治安状況が良くないことから、中国人観光客が現金を携帯してショッピングすることは、あまり安全とは言えなかった。だが、今では状況が一変した。このショッピングモールに出店している商店に、アリペイ(支付宝)決済が導入されたのだ。中国人消費者は、国内と同様、ここでも極めてスムーズかつスピーディに買い物することができる。アリババ・グループ傘下のアント・ファイナンシャルは今年8月末、同集団傘下のモバイル決済業務「アリペイ」が南アフリカの商店1万店に導入されたと発表した。これにより、南アフリカを訪れる中国人観光客や南アフリカに住む華僑・華人に便宜がもたらされただけではなく、アリペイがアフリカ市場に正式に進出したこととなった。南アフリカは、中国のモバイル決済が最初に導入されたアフリカ国家となった。

アリペイは、英国の決済企業Zapperと提携し、アフリカ大陸への進出を果たした。Zapperは南アフリカにおいて、ホテル、小売、電子商取引、パーキングなどの分野でサービスを提供している。南アフリカの商店は中国のモバイル決済サービスを導入することで、より多くの中国人を誘致することを望んでいる。南アフリカでは、モバイル決済はまだ非常に珍しいことであるが、中国はすでに世界最大のモバイル決済市場となり、急成長を続ける中国モバイル決済が中国金融革新ブランドとなった。アリペイであれWeChatウォレット(微信銭包)であれ、アフリカで着実に普及が進んでいる。アフリカで最も重要なハブ空港であるエチオピアの首都・アジスアベバのボレ国際空港を利用する中国人は、WeChatウォレットやアリペイを使って牛肉ラーメンを買うことができる。タンザニアの首都・ダルエスサラームやケニアの首都ナイロビにある中国系ホテルでは、支払いにモバイル決済を利用することが大いに歓迎されている。

12次のページへ
中国のモバイル決済、アフリカに「指標」を確立--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: