中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
ホワイトカラーの6割超、「過労太り」を自認
  ·   2017-06-28
タグ: ホワイトカラー;健康;社会
印刷

人材派遣の中智外企服務支社がこのほど、ホワイトカラーの健康状態に関する調査データを発表した。調査対象となった数千人のホワイトカラーのうち、「自分は過労太りである」と認めている人の割合は6割を上回った。この結果について、健康問題の専門家は、「過労によって太ることは確かだ。その主な原因として、睡眠不足、運動不足、不規則な飲食習慣、過度なストレスなどが挙げられる」と指摘した。北京晨報が伝えた。

調査結果:ホワイトカラーの半数は、「実年齢より3歳老けている」と自覚

今回の調査では、微信(Wechat)による無作為方式で、ホワイトカラー数千人に対してアンケート調査が行われた。調査データによると、ホワイトカラーのうち、「自分は過労太り」と自認している人は62.27%に上り、「自分は標準体重を5キロ以上オーバーしている」と答えた人は27.36%を占めた。

このほか、ホワイトカラーの69.81%が「自分は過労によって老化が進んでいる」と感じており、このうち「自分は実年齢より3歳老けている」と感じている人は50.94%に上った。

中智北京と中国健康促進・教育協会医院分会が2016年に共同で発表した「北京ホワイトカラー調査研究白書」によると、頸椎症、過体重・肥満、虫歯、慢性咽頭炎、痔、腰椎疾患、腰部筋肉過労、胃炎、高コレステロール症、婦人科系疾患は、北京で働くホワイトカラーに良く見られる十大疾病となっている。

調査によると、ホワイトカラーの8割以上が、「過労による老化症」を労災認定の対象に組み入れるべきだと考えていた。また、65.09%は、「過労太り」を労災認定の対象にすべきだと答えた。また、その後、42社の企業人事部に対する補充調査を行ったところ、「過労による老化症」を労災対象としている企業の割合は78.57%、「過労太り」の場合は52.38%だった。

123次のページへ
ホワイトカラーの6割超、「過労太り」を自認--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: