中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
人工知能時代、多くの人間が不要になる?
  ·   2017-02-10
タグ: 科学技術;人工知能;社会
印刷

科学技術の進歩によって、新しい業種が次々と現れ、雇用機会も増えるだろう。

イスラエル人歴史学者のハラリ氏は新著『ホモ・デウス』で人類社会の発展について大胆に予測し、同書は「タイムズ」など複数のメディアから年度最優秀書籍に選ばれた。ハラリ氏はこのほどインタビューに応じた際、「現在開発されている人工知能(AI)技術は車の運転や病気の診断など多くの分野で人間を超えるだろう。将来、数多くの仕事は知能機械に取って代わられ、数十億人は役に立たない『不要層』になるだろう」との見解を示した。

筆者は「人工知能技術が多くの分野で人間を超える」という観点には賛成しているが、「数十億人は『不要層』になる」という論断には賛成できない。ハラリ氏が言う「不要層」は実際には「失業者層」のことだ。

歴史から見ると、人類社会の発展につれて、科学技術がますます進歩し、機械化、オートメーション化のレベルも高まってきた。では、失業率がますます高くなっただろうか。明らかにそうではない。科学技術の進歩によって、新しい業種が次々と現れ、雇用機会も増えていくからである。例えば、時計は夜回りを失業させたが、時計業に従事する人はそれまでの夜回りよりずっと多くなっている。

米国を例にすると、1930年代初めの「大恐慌」期に、米国の人口はわずか1億2000万人だったというのに失業率が20%以上に上ったことがある。現在の米国人口は3億2000万人であるが、失業率はわずか4.8%だ。世界全体では、200年前の人口は10億人しかいなかったが、機械化、オートメーション化のレベルが200年前より大幅に高くなった今、世界人口73億人のうちの大半は余分なのか。もちろんそうは言えないだろう。

古代では、農業人口は総人口の90%以上を占めていたが、それでもしばしば飢饉が起きていた。社会経済の発展につれて、農業人口の割合がどんどん減っていく。経済が発達した米国では、総人口に占める農業人口の割合は2%足らずだが、それですべての米国人を養えるだけでなく、大量の農産物を輸出している。古代人はおそらく農業人口がこれほど低い割合にまで下がるとは想像できなかっただろう。

12次のページへ
人工知能時代、多くの人間が不要になる?--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: