中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
アリペイ勘定書、「豪快」な上海、「寒がり」な江蘇、「信用」の河南
  ·   2017-01-06
タグ: モバイル;アリペイ;社会
印刷

アリペイ(支付宝)は4日、「2016年中国全国民勘定書」を発表した。これにより5日からユーザーはアリペイを開くと、個人の年度勘定書を閲覧することができる。小さな勘定書の背後には、膨大な量の情報が隠れている。以下に挙げられた調査結果のいくつかはどれも、想像をはるかに超えるものばかりだ。経済参考報が伝えた。

○年間支出額トップは上海の14万8千元(1元は約16.8円) 

年間支払総額を省別にみてみると、沿岸の広東省が首位で、全国の16%を占め、浙江省と江蘇省がこれに続いた。1人当たりの支出額では、上海市が昨年の1.5倍に相当する14万8千元でトップ。浙江省・北京市・福建省・江蘇省がこれに続き、沿海部にあるこれら5省・直轄市の1人当たりの支出額はいずれも「十万元」の大台を超えた。ちなみに昨年十万元を上回ったのは上海だけだった。

○債務と返済:「信用」トップは河南省 

2016年借唄(アリペイ傘下のローン)の債務・返済ランキングのトップは河南省だった。

○モバイル決済利用率、チベットが首位 

モバイル決済の普及率を見ると、内陸部の西蔵(チベット)自治区が、モバイル決済率90%でトップになり、青海省と甘粛省がこれに続き、沿岸部の省・市をはるかに上回った。

○「電子お年玉」が最も好きなのは汕頭市民 

2016年、「紅包(電子お年玉)」発行ランキングで首位に立ったのは、広東省汕頭市だった。続く第2位は、2015年度首位の福建省漳州市、第3位は福建省莆田市。上位3都市の1人あたり「紅包」発行額は全て5千元を上回った。

12次のページへ
アリペイ勘定書、「豪快」な上海、「寒がり」な江蘇、「信用」の河南--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: