中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
今年は五仁月餅が人気!稲香村で1日約12万個売れる
  ·   2016-09-09
タグ: 中秋節;月餅;社会
印刷

中秋節(旧暦8月15日、今年は9月15日)に刻一刻と近づく今日この頃、北京の稲香村食品工場も、残業して月餅の生産に追われている。今年は五仁月餅(ナッツ餡の月餅)の売れ行きがよく、ほぼ売り切れになっているといい、毎日12万個の月餅を市場に供給しても、品薄なのだという。

数年前まで、五仁月餅はずっと不人気だった。なかには、「五仁月餅は月餅界から消えてしまえ」と言うネットユーザーさえいたほどだ。ところが、どういうわけか、今年は五仁月餅が爆発的な人気を誇っている。とある大型スーパーマーケットのバラ売りの月餅売り場では、残っているのがバラ味や小豆味ばかりで、探してみたが、五仁味は1つも見当たらなかった。販促スタッフによると、すでに多くの顧客が五仁月餅を買い求めに来ているという。スーパー側でも、急いで商品を取り寄せている状態だが、商品がいつ到着するかは、メーカー次第ということだ。北京晩報が伝えた。

昨年12月に、国家質量監督検験検疫総局(AQSIQ)と中国国家標準化管理委員会(SAC)は、新国家基準GB/T19855-2015「月餅」基準を発表している。その新規則には五仁月餅と表示できるのは、クルミ、アンズの種、オリーブの種、カボチャの種とゴマの5種類の原料を餡に加工した月餅のみと明確に定められている。この影響で今年の五仁月餅は例年と比べ市場に出回っている数が明らかに減少した。しかし、一部の五仁月餅好きの思いは一途なままなので、需要自体は減少せず、需要と供給のバランスが崩れる現象が生じたというわけだ。

北京稲香村の担当者は、市場ニーズの高まりを考慮し、今年は手作りの五仁月餅の供給を去年より12%増加させており、手作りチームの作業員も24時間体制で生産に励んでいるという。(編集TK)

「人民網日本語版」2016年9月9日

今年は五仁月餅が人気!稲香村で1日約12万個売れる--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: