中文 | English | Français | Deutsch | BR America
北京週報日本語版微博
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
敦煌と北京を結ぶ観光列車「敦煌号」がデビュー 
  ·   2016-05-17
タグ: 列車;敦煌;社会
印刷

「敦煌号」の「文化小鎮」をテーマとしたダイニングバー

14日午前7時40分、「文化聖殿・敦煌号」の出発式が敦煌駅で行われた。「敦煌号」は、「沙坡頭号」と「ふっき号」に続く、甘粛省が運行する3番目のブランド列車となる。同日より毎日一便運行される「敦煌号」は、敦煌駅を出発し、30あまりの市・区を通り、36時間かけて北京に到着する。500人あまりの乗客が、アップグレードしたブランド列車第一便の乗り心地を楽しんだ。中国甘粛網が伝えた。

「敦煌号」は、蘭州鉄道局が国家戦略である供給側改革に対応し、多くの市民の外出需要を満たすために運行するブランド列車。列車には、「文化小鎮」をテーマとしたダイニングバーのほか、現代的なレジャー・娯楽設備も数多く設けられた。アップグレードされた「敦煌号」では、寝台車のマットレスが新たにしつらえられ、乗客にとってさらに快適な睡眠を確かなものとする。蘭州鉄道局の王峰局長は、「我々は、この列車を『北京に向かうハッピートレイン』にする」と意気込みを示している。

本日デビューした「敦煌号」は、近く開催される「シルクロード(敦煌)国際文化博覧会(敦煌文博会)」を視野に入れたもので、敦煌文化の普及を目的として運行する運びとなった。「敦煌号」は、経由する市・県に敦煌文化を広め、より多くの乗客が列車内で敦煌文化を実感できることを目指している。

12次のページへ
敦煌と北京を結ぶ観光列車「敦煌号」がデビュー --pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: