中文 | English | Français | Deutsch | BR America
北京週報日本語版微博
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
中国 汚染との闘いに着実な成果
  ·   2016-03-08  ·  人民網
タグ: 環境保護;第13次五カ年計画;社会
印刷

2015年冬の晴れた日、北京市民は外で氷遊びを楽しんだ(撮影 人民日報記者・杜一菲)

北京市海淀区に住む老人・張海さんは、「今年の冬、北京の空気は本当によかった。青い空、白い雲が頻繁に見られた。昨年と比べて大気の質が明らかによくなったように感じる」と語った。人民日報が伝えた。

中国国務院の李克強総理は5日に行った政府活動報告で、「グリーンな生産・生活スタイルの形成を推進し、生態環境の改善を急ぐ」ことを第13次五カ年計画(2016−2020年)期間の重要な方向性とした。中国環境保護部(省)が発表した2015年全国大気質状況のデータも、張海さんの感覚を裏付けている。2015年、北京の大気質が基準をクリアした日数は186日、前年比14日増加した。PM2.5の年平均濃度は1立方メートルあたり80.6マイクログラムで、前年比6.2%低下した。

青空が増えたのは、中国の環境対策の効果の一つの側面でしかない。近年、中国の各級政府と社会各界は大気・水・土壌汚染対策を重点として汚染に「宣戦布告」し、生態環境保護が顕著な成果を上げている。

12次のページへ
関連文章:
環境保護部が煙霧の大気汚染物質を分析
解振華氏「世界のCO2排出量抑制に貢献した中国」
中国大気汚染予報全国ネットワークが完成
2016年、第13次五カ年計画始動の年
北京の第13次五カ年計画、PM2.5濃度の15%低下を提案
中国 汚染との闘いに着実な成果--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat