中文 | English | Français | Deutsch | BR America
北京週報日本語版微博
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 新着ニュース >> 本文
北京の第13次五カ年計画、PM2.5濃度の15%低下を提案
  ·   2015-11-27  ·  人民網
タグ: 第13次五カ年計画;5;PM2;社会
印刷

北京市は第13次五カ年計画(2016~2020年)の提案の中で、PM2.5の年平均濃度を2020年までに2015年比で約15%低下させるとした。法律・行政・経済・技術的手段を十分に活用し、各種汚染源の総合管理を実施し、大気重度汚染日数を減らす。北京青年報が伝えた。

北京市の今年1-10月のPM2.5の平均濃度は1立方メートル当たり69.7マイクログラムで、前年同期比で21.8%低下した。北京市の第13次五カ年計画の提案によると、PM2.5の年平均濃度を2020年までに15年比で約15%低下させることになる。

北京市環境保護局自動車排出管理所の李昆生所長によると、「世界で最も厳しい排気ガス排出基準」と呼ばれる「北京第6段階自動車排出基準」(草案)がすでに審査段階に入っており、2017年の実施を目指している。

同基準によると、小型車は「常温」、「低温」、「蒸発」などの排出基準が厳格化され、揮発性有機化合物の排出が制限され、関連する基準が設けられることになる。大型車については欧州の大型エンジン排出基準を参考にし、エンジンと自動車全体の排出基準を制定する。石油製品について、ガソリンはさらにアルケンや芳香族化合物などの指標をさらに引き下げる。ディーゼルオイルは多環式芳香族化合物や密度などの指標をさらに引き下げる。(編集YF)

「人民網日本語版」2015年11月27日

関連文章:
国務院常務会議、新理念を用いて第13次五カ年計画の策定を統率
第13次五カ年計画の重要28項目
五中全会が次の五カ年を計画、中国は世界一の経済体になるか?
第13次五カ年計画の金融7テーマ 多層的資本市場の発展など
第13次五カ年計画の内容について 重要会議の示す重大なシグナル
北京の第13次五カ年計画、PM2.5濃度の15%低下を提案--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996229
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat