中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 亥年文化 >> 本文
  • descriptiondescription
亥年文化
  ·   2019-01-29
タグ: 動物;十二支;文化
印刷


十二支のうち12番目に当たるのが亥、すなわち猪(中国ではブタを指す)である。ブタの祖先であるイノシシは気性が荒く、動きはすばしこく、非常に獰猛な動物だ。約8000年前にイノシシは家畜化され、何もせずごろごろするような生活を送り始め、だんだん今のようなでっぷりと肥えたおとなしいブタへと変身した。 

昔から、ブタは人間の生活において非常に重要な役割を果たしてきた。肉は食用に、皮は革製品の材料になり、また剛毛は重要な工業原料、糞は農業に欠かせない肥料であり、全身価値があると言える。そして「家」という漢字は、家屋を象徴する「宀」とブタを意味する「豕」からなり、ブタは昔の人々にとってどのような存在だったかが読み取れる。また長い歴史の中で、ブタは富の象徴であり幸運をもたらす動物だと思われてきた。唐代から始まった習慣の中に、科挙試験の前に受験生の親戚や友人が「紅焼猪蹄(豚足の醤油煮)」を用意したというものがある。それは「猪」の中国語読みは「朱」と、「蹄」の中国語読みは「題」と同じであり、「朱筆題名(科挙合格者は名前が赤字で書かれ発表される)」されるようにとの意味が含まれているからだ。 

「北京週報日本語版」2019年1月29日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: