中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 中日交流 >> 本文
  • descriptiondescription
懐かしい気持ちにさせてくれる写真家・秋山亮二さんの写真集「中国の子供達」
  ·   2019-06-04  ·  ソース:人民網
タグ: 子供;写真;中日交流
印刷
写真は秋山さん提供。

学校の「目の体操」の時間にこっそり目を開けている女の子をとらえたこの写真は、日本の写真家・秋山亮二さん(77)の作品だ。秋山さんの作品は1980年代の子供の頃にタイムスリップしたかのような気分にさせられるシーンを捉えている。新華社が報じた。

「中国の子供達は、どうしてこんなに元気いっぱいなんだろう」

「あの時の子供たちは、今はもう立派な大人になっているでしょう」と語る秋山さんは1980年代初めに中国を5度訪問し、中国の子供の笑顔を捉えた写真約8000枚を撮影した。そして、その中から選んだ116枚を写真集「中国の子供達」に収録した。

「中国の子供達」は1983年に中国と日本で出版され、今年の「国際子供の日」である6月1日に中国で復刻版が発売された。 

中国の子供を撮りたいと思ったきっかけについて、秋山さんは、「少し申し訳ない感じがするのだが、実はカレンダーを作るために、中国に行って子供の写真を撮って来るようにと会社に言われた」と恥ずかしそうに話した。

1982年初めから、プロの写真家である秋山さんは北京や上海、広州といった中国の主な大都市のほか、南は海南島から、北は内蒙古(内モンゴル)自治区や新疆維吾爾(ウイグル)自治区まで足を運んだ。1980年代初めにそのような旅をすることは、実はかなり「贅沢」なことだった。

秋山さんは中国語が全く話せなかったものの、中国で写真を撮ることに全く問題はなかったといい、「写真に言葉はいらない。現場に行って、撮りたいと思う人がいればシャッターを切る、ただそれだけだ」と話す。

4月26日、東京の自宅で娘と一緒に「中国の子供達」を見る秋山亮二さん(写真右、撮影・杜瀟逸)。

秋山さんの娘は、「当時、日本から中国に行くチャンスというのはとても得難いものだったし、そ毎回の滞在期間はとても長かった。帰ってくると、撮影機材が入った箱の中には、海軍の帽子や中山服、金華ハムなどが入っていた」と振り返る。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: