中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 中日交流 >> 本文
日本のバラエティーに富む「ご当地マンホール」
  ·   2017-11-09
タグ: 日本;デザイン;中日交流
印刷

日本では、「ご当地マンホール」が各都市の「名刺」のような存在になり、そのデザインもバラエティーに富んでいる。市の花、市の木などをデザインにしている都市もあれば、地元の特産品や手工芸品、名勝、歴史の物語などをモチーフにしたデザインもある。画像は上から順に、鳥取県のコナンのマンホールの蓋、岡山市と柳井市の消火栓の蓋、長野県のアンティークなマンホールの蓋、奈良県のシカをモチーフにしたマンホールの蓋だ。環球網が報じた。

日本では1980年代から、一般人がマンホールの蓋のデザインを手掛けることが認められるようになり、各地に対して、独特の意匠を取り入れた「ご当地マンホール」の採用が奨励されるようになった。注目を集めるデザインにすることで、下水道のイメージアップや人々の理解を深めるというのがその目的だ。そのようにして、個性的なマンホールの蓋が日本で流行し始めた。今では、各地のご当地マンホールを探す「マンホールの蓋」めぐりをする人も登場している。(編集KN)

「人民網日本語版」2017年11月9日

日本のバラエティーに富む「ご当地マンホール」--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: