中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 中日交流 >> 本文
複数の翻訳版があっても読者を満足させない理由とは?
  ·   2017-09-25
タグ: 翻訳;村上春樹;中日交流
印刷

日本の人気作家・村上春樹の長編小説「騎士団長殺し」の翻訳を誰が担当するかという話題が一時期注目を集めた。最終的に同小説の中国語版の版権は上海訳文出版社が所有し、林少華氏が翻訳することになった。実は、村上氏の作品だけではなく、ここ数年、翻訳小説の質とスタイルに関心を寄せる読者がますます増えてきている。文学作品の翻訳の質がしばしば人々の話題となり、王道の翻訳作品が現れることは難しいのが現状のようだ。

名著であれば目移りしてしまうほど大量にある翻訳版 

多くのファンを抱える村上氏は、その作品の翻訳者の数も多い。新作が発表されるたび、その翻訳小説を巡って議論が交わされることとなる。他の翻訳者に比べ、林少華氏の訳文は硬すぎず、原作の雰囲気や言葉のセンスの細やかな部分まで訳出できているとされる一方で、原作に比べやや華やか過ぎる嫌いがあるとの見方もある。

現在、読者が文学作品の翻訳について議論したり、研究したりすることはよくあることとなっている。世界的にも有名なイギリスの作家・モームの作品は昨年からパブリックドメインとなったこともあり、その作品「月と六ペンス」は過去一年間でなんと中国語翻訳版が十数種類も出版された。果たして、どの翻訳を読めばいいだろうのか。読者にとってはそれぞれの翻訳を比較して熟読することが楽しみの一つにすらなっている。よほどひどい翻訳は別として、大部分はそれぞれのスタイルや特徴があり、読者の異なったニーズを満たしている。

「グレート・ギャツビー」や「迷い鳥たち」、「高慢と偏見」などの名著の多くが複数翻訳版を出版しており、ファンたちは、その中から最も優れた翻訳版を選ぶことができる。

当然ながら、「The Cambridge History of China」や「Eleven Kinds of Loneliness」、「2666」のように読者たちから中国語翻訳の質の悪さが指摘されている名作もある。

翻訳の質が度々議論の焦点に 

人々の外国語能力がますます高まっており、文学作品の翻訳がますますスピーディに大規模になっている今日、一方で優秀な訳者は多くないという現状は、業界を苦境に立たせている一因でもある。

現在、外国語文学作品の出版はタイミングが非常に重要となってきている。一部のベストセラーは、原作の発表と同時に中国語翻訳が登場するケースもある。結果として、原作の風格が正しく伝えられていなかったり、誤訳や翻訳漏れが頻繁に見られるようになった。こうした翻訳の流れ作業のラインは以前では全く考えられなかったことだ。

12次のページへ
複数の翻訳版があっても読者を満足させない理由とは?--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: