中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
中国の対外貿易輸出が急速に回復安定
  ·   2021-01-14  ·  ソース:人民網
タグ: 対外貿易;輸出;経済
印刷
2020年12月11日、浙江省台州市の欧路莎股フン有限公司(フンはにんべんに分)の生産現場はフル稼働で、作業員が市場に投入するスマートバス製品の取り付け・調整作業を行っていた様子。(撮影・蒋友青)

2021年の元旦、浙江省の対外貿易仲介業者の謝勇さんは残業でずっと働きづめだった。人民日報が伝えた。

「対外貿易の受注が3月分、4月分までいっぱいで、ここ数日はさらに海外の顧客からしょっちゅう電話がかかってきて、本当に忙しい!」。同省台州市にある台州正立電機有限公司の製品販売業者である謝さんは、対外貿易の輸出が急速に回復し安定に向かう様子を肌で感じるという。

今、台州で多忙を極める販売業者は謝さんの一社だけではない。台州税関が最近まとめた統計データを見ると、2020年第1-3四半期(1-9月)に、同市の中小規模対外貿易企業(輸出規模1億元以下の対外貿易企業、1元は約16.1円)の輸出成長率は、第1四半期がマイナス20.3%、第2四半期が0.6%、第3四半期が1.9%だった。第1四半期は大幅に減少したが、第2四半期は下げ止まって安定に向かい、第3四半期は安定して回復上昇し、11月には輸出総額と輸出成長率が20年の最高を更新し、総額は89億9千万元、成長率は49.6%になった。

税関総署がこのほど発表したデータでは、20年11月の中国対外貿易輸出は前年同期比21.1%増加し、1-11月の物品貿易輸出入額は同1.8%増の29兆元を超えた。実際、20年9月以降、中国の物品貿易輸出入額は3ヶ月連続でプラス成長を維持し、下ぶれからの転換に成功し、予想をはるかに上回る好調さだった。

同市三門県で自動車の減震装置の販売代理店を経営する代紅軍さんは取材に、「当社は欧米など100数ヶ国・地域に販売業者がいて、こうした業者のために受注・製造の状況をいち早く把握するようにするため、24時間対応のサービスホットラインを特に開設して、注文の問い合わせに応じている。20年7月から、当社では対外貿易の受注が増えている。8月から現在まで、基本的に毎月50%前後の成長率が続いた。すでに受けた注文で数ヶ月先まで埋まっている」と話した。

2020年7月12日、対外貿易の貨物船が浙江省台州市温嶺の龍門港でコンテナを積んでいるところ。(撮影・劉振清)

取材の中で、多くの販売業者が、「20年全体の販売業績を振り返ると、年度末の対外貿易の回復により年初の業績低下による損失は穴埋めされた。通年の状況は、ほぼ例年並みだった」との見方を示した。対外貿易のビジネスが急速に回復したことについては、「全体としてやはり中国国内で新型コロナウイルス感染症対策が大きな成果を上げたこと、企業活動・生産活動が急速に回復したことなどに帰結するだろう」とした。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号-4 京公网安备110102005860

中国語辞書: