中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
欧米式ファストフードも中国コーヒー市場を狙うのはなぜ?
  ·   2019-03-10
タグ: コーヒー;ファストフード;経済
印刷

ブルーを基調にした内装、白い丸テーブル、コロンとしたスツール、一見すると新たな「ネットの人気店」だが、よく見てみると、見慣れたケンタッキーの看板がかかっている。こんなケンタッキーらしからぬケンタッキーの店舗が、このほど北京市の京城商場にオープンし、人々に驚きをもって迎えられている。「これがケンタッキーなの?」という声も上がる。若者の消費スタイルの変化にともない、ケンタッキーはコーヒー・飲料品市場に力を入れるようになり、爽やか・清新なイメージで消費者の前に姿を現すようになった。別の欧米系ファストフード大手のマクドナルドもコーヒーのデリバリーサービスを拡大しており、コーヒーとスイーツや軽食などコーヒーのお供が若者に急速に浸透している。「北京日報」が伝えた。

物美新街口広場の2階にケンタッキーがこのほどオープンした店舗は、通りかかった若者を驚かせた。爽やかさと清新さを感じさせる店作りで、入り口の看板から内装まで、若い女性が大好きな「ティファニーブルー」で統一されている。

店に入ると、チキンやポテトを揚げる油のにおいがまったくせず、飲み物やアイスクリームの香りが漂う。飲み物はアメリカンコーヒー、エスプレッソ、カプチーノなどのコーヒー類が中心で、このほか臓臓茶、チーズ茶、ジャスミン茶といった季節に合った茶飲料もある。スターバックスなどのコーヒー専門店と比べ、この店のコーヒー類は相対的に安価で、Mサイズが14~18元(1元は約16.6円)、その他の茶飲料は平均16元だ。

ケンタッキーのこの新店舗だけではなく、系列のCOFFii & JOYも急速に配置を進めている。COFFii & JOYはペプシ中国法人が昨年打ち出したスペシャルコーヒー専門店で、現在は上海市や杭州市など南方の都市に10数店舗を展開し、今年は北京に進出する見込みだ。メニューをみると、COFFii & JOYとケンタッキーはそれぞれ独自の路線でコーヒー事業を発展させていることがわかる。COFFii & JOYはメニューの名前からラテアートの造型まで高級感にあふれ、価格は30元前後が中心で、一番高い数量限定スペシャルコーヒーはなんと199元だ。

ケンタッキーがコーヒーに力を入れるのと同様に、もう1つの欧米式ファストフード大手のマクドナルドもマックカフェの店舗をオープンし、デリバリーサービスを展開するなどして力を入れる。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: