中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
中国人は何にお金を使っている? 上半期における消費統計発表
  ·   2018-08-08
タグ: 中国人;消費統計;経済
印刷

中国国家統計局がこのほど、上半期における中国の消費統計を発表した。支出が最も多かった都市の住民を見てみると、統計では同期、上海の住民の一人あたりの可処分所得が3万2612元(1元は約16.23円)で、住民一人当たりの消費支出が2万1321元と、いずれも全国トップとなっており、上海の住民が中国で一番お金を稼ぎ、お金を使っていたことが分かった。中国新聞網が報じた。

住民一人当たりの消費支出トップは上海 

国家統計局が発表した31省の住民の一人当たりの消費支出統計によると、消費支出トップ3は上海、北京、天津だった。

そのうち、上海の住民一人当たりの消費支出が2万1321元でトップ。上半期、住民一人当たりの消費支出が2万元の大台を超えたのは上海だけだった。

統計によると、全国的な上半期の住民一人当たりの消費支出は9609元で、前年比で実質6.7%増加した。

上半期の住民一人当たりの消費支出が全国平均を上回った都市は、上海、北京、天津、浙江、広東、江蘇、福建、遼寧、湖北、内蒙古(内モンゴル)自治区の10都市だった。そのうち、1万元を超えたのは、北京、天津、浙江、広東、江蘇、福建、遼寧の7都市だった。

12次のページへ
シェア:
中国人は何にお金を使っている? 上半期における消費統計発表--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: