中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
人民銀が預金準備率を0.5%引き下げ 7千億元注入
  ·   2018-06-26
タグ: 銀行;預金準備率;経済
印刷

中国人民銀行(中央銀行)のサイトが24日夜に伝えたところによると、人民銀は金融機関の預金準備率を引き下げて、市場化と法治化に基づく「デット・エクイティ・スワップ」(DES)と小規模・零細企業の資金調達を支援することを決定した。市場に資金約7千億元(1元は約16.79円)を注入するという。「北京日報」が伝えた。

今回の準備率引き下げは主に2つの分野で行われる。まず7月5日より、中国工商銀行、中国農業銀行、中国銀行、中国建設銀行、交通銀行の5大国有大手商業銀行、および中信銀行、中国光大銀行などの株式制商業銀行12行の人民元建て預金準備率を0.5ポイント引き下げ、資金約5千億元を注入し、市場化と法治化に基づくDESプロジェクトの支援にあてる。相応規模の社会各界の資本の参加も促す。関連の銀行が台帳を作成し、市場化と法治化に基づくDESの実施状況を逐一詳細に記録して、四半期ごとに人民銀の関連部門に報告することになる。

また中国郵政儲蓄銀行、都市商業銀行、非県域の農村商業銀行、外資系銀行の人民元建て預金準備率も0.5ポイント引き下げて、資金約2千億元を注入する。関連銀行が小規模・零細企業市場を開拓し、こうした企業が抱える資金調達が難しくコストもかかるという問題のさらなる解消に向けて資金の貸出を行うことを支援する。金融機関が準備率引き下げで確保した資金によって進めるDESと小規模・零細企業の資金調達の支援の状況は、人民銀のマクロ審査評価の対象に組み込まれることになる。(編集KS)

「人民網日本語版」2018年6月25日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: