中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
旅行しながら「ひと稼ぎ」!旅行記産業チェーンに注目高まる中国
  ·   2018-05-03
タグ: 旅行;産業チェーン;経済
印刷

中国の旅行業界では、「旅行しながらひと稼ぎ」が「当たり前のこと」になりつつある。急速な成長を見せている観光市場の背後で、もう一つ「コンテンツ」という産業チェーンが形成されつつある。旅行記や攻略を書き込むプラットフォームを設置し、優良コンテンツ提供者には報酬を提供するといった方法をとり、一般旅行者からもコンテンツを募集しているオンライン旅行プラットフォームがますます増えている。そして、旅行プラットフォームは、「コンテンツ」を通して、ユーザーとの接点を増やし、より多くのユーザーを獲得しようと取り組んでいる。羊城晩報が報じた。

賞金1億元で優良コンテンツ募集 

4月20日、陝西省西安市で行われた2018年度中国旅行者大会で、旅行コンテンツプラットフォーム「氫気球」が発表されると同時に、1億元(約17億3000万円)の賞金を用意して優良旅行コンテンツを募集するというニュースに驚いた人は少なくない。同プラットフォームは、旅行機関やメディア、旅の達人、一般ユーザーなどを対象に開放され、そのコンテンツは旅行サイトの携程旅行網や「Qunar.Com」、検索エンジン大手・百度などで共有される。優良旅行コンテンツを書き込んだネットユーザーには、相応の賞金が準備されており、その総額が1億元にもなるという。

同プラットフォームの立ち上げに関して、携程旅行網のコンテンツプラットフォームの商品を担当している高哲堅・プロダクトマネージャーは、「ここ数年、オンライン旅行プラットフォームのユーザーが右肩上がりで増加していたが、現在旅行市場には変化が生じている。それはユーザーを抱え込むことに成功したプラットフォームが、市場で主導権を握ることができるため、旅行プラットフォームはそのコンテンツを充実させることに重点を置いている点だ」と説明する。

そして、「3日間の休みが取れた場合、どこへ行くかを決める前に、多くの人はまず口コミや他の人の旅行記をチェックする。そして、旅行から帰ってくると、多くの人は自分でも旅行記を書き込む。ほとんどの人は自分の旅をより良くアピールすることで、他のユーザーにシェアし、一人でも多くの人に見てもらいたいと思っている。そしてそうしたコンテンツは、観光当局や観光地、サプライヤーなどにとってはまさに優れた宣伝の場となり、直接的な広告よりもより人々に受け入れてもらいやすい」と分析する。

123次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: