中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
5つの見どころからチェックするボアオ・アジアフォーラム2018
  ·   2018-04-09
タグ: ボアオ・アジアフォーラム;人類運命共同体;経済
印刷

4月8日から11日にかけてボアオ・アジアフォーラム2018年度年次総会が海南省のボアオで開かれる。同フォーラムの開幕式には習近平国家主席も出席し、重要な基調演説を行うことになっている。

今回の年次総会のテーマは「開放と革新のアジア、繁栄と発展の世界」。ここでは各国から出席するゲスト2千人以上が一堂に会する同フォーラムにおいて、期待すべき5つの見どころをチェックしてみよう。新華社が伝えた。

見どころその1 重要な意味合いをもつ節目の時期 

今年は中国改革開放から40周年、共産党の十九大精神の徹底した実施をスタートさせる年でもある。この歴史的に重要な瞬間に際し、習近平国家主席はフォーラムの開幕式に出席し、重要な基調演説をする予定で、海外からの注目を集めている。

中国の改革開放はどのような偉大な成果を上げてきたのか、どのような重要な経験と啓示を得て、世界に対し意義と影響を生じさせたのだろうか?新たな歴史の節目を迎え、中国は今後どのように対外開放をさらに拡大させ、深化させた改革を再出発させていくのだろうか?習国家主席はこうした問題に対し、最も権威ある解釈を行い、海外の人々はこの演説から一連の新たな改革開放の重要な措置について知ることになるだろう。

見どころその2 テーマの選択にも深い意味 

「開放」と「革新」は今年の同フォーラムのテーマとなる2大キーワード。ある専門家は現在世界の経済は不安定で不確定な要素が多く、アジア各国は十分に革新の原動力を発掘し、地域の協力と経済一体化を推し進め、世界経済の発展に貢献すべきだとしている。

また清華大学経済外交研究センターの何茂春センター長は、ここ数年中国は開放、革新分野において数多くの行動を採用してきており、市場参入におけるネガティブリスト制度を全面的に推し進め、外資の金融業への進出の比率制限を大幅に緩和することによって、革新駆動型発展の戦略などを大々的に推し進めているとし、今回のフォーラムは各方面による経験と進め方の交流に役立ち、科学技術の革新が新たな成長の潜在力を突き動かすことで、アジアにおけるより広い範囲、より高いレベルでの地域協力を推し進めていくことになるとの見方を示した。

123次のページへ
5つの見どころからチェックするボアオ・アジアフォーラム2018--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: