中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
特色ある自由貿易港建設を目指す
魏建国  ·   2018-01-08
タグ: 自由貿易;「一帯一路」;経済
印刷

中国共産党第19回全国代表大会報告は全面的開放の新たな枠組みづくりを促すことを提起した。これにより、今後5年から10年以内に、中国は世界でビジネス環境が最も開放された国となり、世界の貿易投資自由化と円滑化におけるフロントランナーになる、という強いシグナルが発せられた。 

現在、中国はすでに11の自由貿易試験区を建設し、参入前内国民待遇+ネガティブリスト管理制度を全面的に実行しており、多くの経験を積み、成果を上げてきた。しかし、中国が次なる一歩として経済グローバル化に主体的に参画し、それを積極的に推進し、ハイレベルの開放型経済を発展させるのと比べると、自由貿易試験区だけではまだ不十分であり、積極的に自由貿易港を建設する必要がある。 

40年前、中国共産党第11期中央委員会第3回全体会議(第11期三中全会)は、党と国の活動の中心を社会主義現代化建設に移し、改革開放を実行するという戦略的決定を行った。最初の経済特区から後の自由貿易区へと、中国の対外開放度は段階的に高まってきた。今、世界で最高レベルの開放は自由貿易港である。自由貿易区から自由貿易港への過程は、この転換を機に一気に他をリードできる「カーブでの追い越し」の過程である。 

中国に特色ある自由貿易港を建設しようとするのは、「一帯一路」(「シルクロード経済ベルト」と「21世紀海のシルクロード」)構築において必要であり、グローバル化推進のために必要だからである。米国がグローバルな貿易と自由化にますます消極的になっている今日において、中国が自由貿易港を建設すれば、その波及効果は周辺国地域に及び、産業の大融合、発展の大連動、成果の大共有を促進することができる。 

12次のページへ
特色ある自由貿易港建設を目指す--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: