中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
中国の経済貿易影響力を活用する
梅新育  ·   2017-11-30
タグ: 経済貿易;輸入;経済
印刷

「輸入力」は権力になる――2010年に米国でトヨタ自動車の大規模リコール問題が起きた時、当時52歳の豊田章男社長が米国議会下院の公聴会でトヨタ自動車製品の安全性について詰問される場面を目にして、筆者は評論でこう断言した。 

この公聴会で豊田章男社長が最初に行ったのは、「絶対に偽証せず、もし偽証した場合は法的処罰を受けることもいとわない」と宣誓することだった。日本の巨大企業のトップが、米国議会で米国の法律の拘束と処罰を受けると宣誓するとは!彼にこのような態度表明を強いたのは、米国のどのような力だったのか? 

その答えは、米国の「輸入力」である。米国が全世界最大の単一国家市場を持ち、既存の国際通貨体系の下で無限に近い「輸入力」を持っていたからこそ、企業の将来にとって極めて重要なこの市場を保持するために、豊田章男社長は屈辱的な公聴会を辛抱せざるを得なかったのであり、日本政府は「アンクルサム」が日本の一部主権を踏みにじるという苦い結果を黙って受け入れざるを得なかったのだ。そして米国にとっては、非常に多くの外国企業が米国国内に子会社や資産を有し、米国はそれらを対象に判決を下せるため、こうした外国企業やその経営幹部に対して域外管轄権力を行使することもそれほど難しくはない。 

トヨタ自動車の大規模リコール騒動から7年が過ぎた今、中国はすでに全世界で指折りの輸入大国、急速に台頭する新興海外旅行大国、対外直接投資大国に成長した。そのため少なくとも理論上は、その立場にふさわしく、他国において中国の歴史上かつてないほどの経済貿易影響力を持つようになった。中国が予測可能な未来においてもなお世界的な保護貿易主義の最大の被害者であることが見込まれ、そして中国と多くの貿易相手との間が経済、国民・海外在住中国系住民の安全、政治、ないしは軍事安全保障面でスムーズにいっていない状況を前にして、我々はいかにして自国の経済貿易影響力を活用し、自国の国民と産業のためにより良い環境を作るべきなのか? 

12次のページへ
中国の経済貿易影響力を活用する--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: