中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
スマホ市場 中国産のシェアが急上昇も、利益の8割はアップル
  ·   2017-08-15
タグ: スマホ市場;利益;経済
印刷

アップルはこのほどすこぶる好調な決算報告を発表し、4~6月期に87億1700万ドル(1ドルは約109.6円)の利益を上げたことを明らかにした。一方、携帯電話事業をスタートしてから5年になる錘子科技の羅永浩最高経営責任者(CEO)はこのほど、「約10億ドルの資金調達に成功した。今年は赤字を黒字に転換させたい」と述べた。めまぐるしく変転するスマートフォン市場において、中国産携帯電話の市場シェアは急速に上昇してはいるが、どうやって利益を上げるかについては、引き続きアップルやサムスンに学ばなければならない状況だ。「銭江晩報」が伝えた。

▽中国産スマートフォンの市場シェアが急速上昇 

米市場調査会社ストラテジー・アナリティクスが発表した報告によると、今年第2四半期(4~6月)の世界のスマートフォン出荷量は前年同期比6%増加して、3億6千万台に達した。そのうちサムスンは7950万台、市場シェアは22.1%で、世界一だった。アップルは4100万台、市場シェアは11.4%。

中国産スマートフォンの市場シェアが急速に拡大しており、華為の出荷量は3840万台で、シェアは前年同期の9.4%から10.7%に拡大した。OPPOは8.4%で4位、vivoは6.6%で5位。小米のシェアは6%に上昇して、6位になった。グローバル調査会社カウンターポイントの最新のデータでは、2017年第2四半期の中国市場のスマートフォン出荷量は同3%増加し、華為、OPPO、vivo、小米の4大ブランドが市場シェアの69%を占めたという。

▽アップルとサムスンが利益の9割 

市場シェアと鮮明な対照をなすのは、中国産スマートフォンの利益率の相変わらずの低さだ。ストラテジー・アナリティクスが発表した報告書では、世界のスマートフォン市場の今年第1四半期(1~3月)の営業利益は121億1千万ドルで、そのうちアップルだけで83.4%を占め、サムスンは12.9%で、両社を合わせると実にスマートフォンの利益の90%以上を占めたことになる。一方、中国産スマートフォンの利益シェアは2.5%にも満たなかった。

12次のページへ
スマホ市場 中国産のシェアが急上昇も、利益の8割はアップル--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: