中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
無人スーパーの衝撃波 消費・小売の新時代を開くか
  ·   2017-07-14
タグ: 無人スーパー;新時代;経済
印刷

 阿里巴巴(アリババ)は先週に浙江省杭州市で、初めて店員のいない小売店舗を打ち出した。この「無人スーパー」は真に消費の新時代を切り開くものなのだろうか。「福建日報」が伝えた。

▽世論は沸騰 やはり「新たな突破口」か 

アリババの無人スーパー「淘珈琲」は8日にイベント2017年淘宝(タオバオ)造物節の中で大々的にお披露目された。広さ200平方メートルほどのこの店は、一度に約50人の買い物客を受け入れることができ、「情報を自動識別、店を出る時に支払い」というモデルの、買い物と飲食の空間が融合した無人小売店だ。

実際には無人スーパーは2016年頃から世界各地に登場し、スウェーデン、日本、韓国、米国にはいずれも無人コンビニがある。特に米国にはアマゾンが打ち出すコンビニ「アマゾンゴー」があり、コンピュータビジョン、ディープラーニング、センサー、画像分析などさまざまなスマート技術を採用し、一時かなり話題になった。中国でも、17年に「無人小売」のコンセプトがブームを巻き起こした。

1234次のページへ
無人スーパーの衝撃波 消費・小売の新時代を開くか--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: