中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
宅配業の新たな原動力
本誌評論員 蘭辛珍  ·   2017-05-25
タグ: 宅配;ネットショッピング;経済
印刷

宅配はすでに多くの中国人の生活に欠かせないものになっている。マウスをクリックしてネットショッピングした後、今か今かと宅配便の到着を待つ気持ちは、多くの人が味わったことがあるだろう。毎日各都市や町、村の大通りや路地を走り回る配達員の姿もすっかりおなじみの風景になった。

中国の宅配業はネットショッピングの出現と繁栄によって飛躍的に発展してきた。国家郵政局のデータによると、2016年の中国宅配業務量は312億8000万件近くに上り、収入規模は4000億元近くとなった。宅配業はすでに中国の現代サービス業の重要な構成部分となり、物流モデル転換の推進、消費グレードアップの促進、流通コストの低減、電子商取引のサポート、生産生活への貢献、雇用ルートの拡大などの面でプラスの効果を上げてきた。

宅配が出現する前、中国では人々は物を送るのに郵便局に行っていたが、郵便局からの郵送は時間がかかり、費用も高かった。宅配業が出現後、郵便局の郵送業務は徐々に小さくなっていった。これは宅配業が社会の産業にもたらした最大の衝撃だったかもしれないが、この衝撃は人々から支持された。よりスピーディーで行き届いた配送サービスを受けられるようになったからだ。

宅配業は中国において巨大な産業だ。宅配の配達員は中国の都市や農村の至る所に分布しているため、乱暴な仕分け、破損、配達遅延など、消費者を不愉快にさせる事態が起こりがちだ。そのため中国政府は「宅配市場管理弁法」など一連の政策を出して宅配業の発展を規範化した。それと同時に、中国政府は「宅配業発展十三五計画(第13次五カ年計画)」を打ち出し、宅配業の発展を支援している。中国政府は2020年までに、都市・農村部にサービスが及び、技術が先進的で、サービスが優れた、安全で高効率な、グリーンで省エネルギーの宅配サービス体系をほぼ構築し、全国をカバーし、世界につながるサービスネットワークを形成することを目指している。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: