中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
大いに取り組む価値あるE-WTP
劉雲雲 陳姌  ·   2016-09-03
タグ: G20;電子商取引;経済
印刷

 

アリババグループ総裁執行取締役のマイケルエバンス氏(撮影 劉雲雲) 

「『中国人は何が好きなのか?どうすれば自分の商品を中国へ販売できるのか』と外国人によく聞かれる。そのため、国際貿易は今後クロスボーダー電子商取引に向かうだろう」。G20杭州サミットの開催を控え、アリババグループ総裁執行取締役のマイケルエバンス氏は杭州西渓園区でメディアの取材に応じた際、こう語った。  

1999年に発足したアリババグループは杭州の名刺代わりとも言える存在だ。カナダ出身のエバンス氏は、ゴールドマンサックスで長年働いていた。2015年8月4日、アリババグループ総裁に就任し、グループの取締役局でアリババグループのグローバル化発展戦略の全面的な指導と執行を担当している。  

アリババグループ取締役局の馬雲(ジャック・マー)会長は、今回のG20ビジネスサミット(B20)中小企業発展ワーキンググループのリーダーを務めている。同ワーキンググループはE-WTPという世界電子商取引プラットフォーム構築を提唱した。その構想とビジョンは、これまでグローバル化に参与する機会のなかった中小企業、発展途上国、女性若者が世界市場に参加し、携帯電話で世界各地の商品やサービスを売買できるようにして、中小企業の活力を最大限にかき立て、より多くの若者の就職、創業、富裕化を助けることである。  

エバンス氏は次のように述べた。「以前は、中小企業サポートは見込みが薄かった。しかし今後、このE-WTPプラットフォームには大いに取り組む値打ちがある。すべての国の中小企業に国際貿易の機会を提供することができるだろう。馬雲氏は30数カ国を訪れ、電子商取引プラットフォームのメリットをPRしてきた」。  

「北京週報日本語版」2016年9月3日

大いに取り組む価値あるE-WTP--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: