中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
  • descriptiondescription
スマート消毒ロボット、非接触エレベーター 空港で感染対策の画期的技術
  ·   2020-04-21  ·  ソース:人民網
タグ: ロボット;空港;文化
印刷

広州白雲空港は新型コロナウイルスの輸入症例を防止し、消毒活動に力を入れている。画期的な技術を活用した新たな措置を絶えず打ち出し、旅客のために健康的で安全な移動環境を構築している。広州日報が伝えた。

◆スマート清掃・消毒ロボット、1度で1万立方メートルを消毒

筆者は白雲空港第1ターミナルビル出発ロビーで、「小艾」と呼ばれる新型スマート清掃・消毒ロボットを目にした。これは殺菌・消毒、ごみ清掃、粉塵収集などの機能を一体化させており、設定されたルートに基づき正確に作動し、空間スプレーや掃き掃除などの清掃・殺菌・消毒作業を自動で行う。このロボットは人の代わりに重点保障エリアに入ることができる。現場の清掃を速やかに行えるだけでなく、さらに重要なのは人の接触を効果的に減らし、交差感染のリスクをなくす。

このスマート清掃・消毒ロボットは1回の消毒液充填により8時間にもなる連続的な稼働ができる。1万立方メートルの空間、または2000平方メートルの床の殺菌・消毒を行える。そのセンサーは6メートル内の障害物を自動的に識別、回避し、自動方向転換、障害物回避の「スマート」清掃を実現する。

◆高温スチーム消毒装置、15分でトイレの全面的な消毒を完了

国際線の到着旅客は待ち時間が長く、トイレを頻繁に使用する。そのため白雲空港第2ターミナルビルは高温スチーム消毒装置を導入し、国際エリアのトイレの消毒・清掃を行っている。これは白雲空港が海外からの輸入症例防止、消毒作業強化のために導入した「神器」だ。

白雲空港のスタッフによると、この高温スチーム消毒装置の電源をオンにしてから10秒で、蒸気が120−150度の高温に達し、各種病菌を効果的に撲滅できる。同時にオゾン消毒などの機能を持ち、連続で240分使用でき、15分で1つのトイレの全面的な消毒を行える。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860

中国語辞書: