中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
  • descriptiondescription
木村拓哉がシェフ演じるドラマ「グランメゾン東京」が中国でも高い人気
  ·   2019-11-27  ·  ソース:人民網
タグ: ドラマ;レストラン;文化
印刷

10月から放送されている木村拓哉や鈴木京香、及川光博らが主演するドラマ「グランメゾン東京」(TBS)が、5話連続で視聴率二桁台を保つなど、人気を博している。中国のコミュニティサイト・豆瓣のレビューも8.8ポイントと高い。木村拓哉が演じるフランス料理シェフの尾花夏樹は、同じ店で修業を積んでいた京野陸太郎と共に独立してパリに自分のレストラン「エスコフィユ」をオープンし、ミシュランから二つ星を獲得するまでに活躍するが、ある日、自分の店で開かれた日仏首脳会談の昼食会で出した料理に仏外務大臣がアレルギーを起こす食材のナッツが混入し、これについて追及する仏官僚を殴るという暴力沙汰を起こして逮捕され全てを失ってしまう。それから3年後、尾花は、早見倫子と共に、シェフとして再起を賭けた新しいレストラン「グランメゾン東京」をオープンし、三つ星獲得を目指して動き出す。人民網が報じた。

2007年に、ホテル・レストランガイドブック「ミシュランガイド」に、東京版が加わり、2018年末の時点で、日本のレストラン34軒が三つ星レストランとして収録された。うち、東京の三つ星レストランが最も多く13軒、パリの10軒を上回り世界で三つ星レストランが最も多い都市となった。同ドラマで尾花が作る料理は、12年連続でミシュランの三つ星を獲得している東京のフレンチレストラン「カンテサンス」が監修を務めている。

木村拓哉は、以前にバラエティ番組「SMAPxSMAP」で料理の腕前を披露していたものの、ドラマでシェフを演じるのは今回が初めて。同ドラマの放送が始まると、多くの視聴者から、「料理してる木村くんたんまり観れて最高」、「調理シーンがとても丁寧」、「彼の存在感と彼が放つインパクトは他の誰にも出せない」など絶賛する声が寄せられており、木村拓哉は天才シェフという役作りにも大成功。俳優として新たなキャラクターを増やした。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: