中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
  • descriptiondescription
中国のショート動画プラットフォームで「大人気の職人」が次々登場
  ·   2019-11-22  ·  ソース:人民網
タグ: ショート動画;職人;文化
印刷

中国では今、独創的なアイデアを持つ発明家や巧みな技術を身につけた職人、黙々と伝統を継承する無形文化遺産の伝承人などが、ショート動画の大流行の波に乗り、「ネット上の人気者」となり、インターネット分野における新たなトレンドとなっている。多くの人が中国伝統の手工芸文化を知り、それに触れる機会を作っていると同時に、中国の「草の根職人」であるそうした「ネット有名人」の巧みな創意や活力が海の向こうの世界中の人々にも知られるようになっている。人民日報海外版が報じた。

フォロワーの心をつかむ匠の技 

耿帥さん(31)は河北省の農村に住む普通の溶接工。しかし2年前に、一見何の役にも立たない発明品の動画をネット上に投稿したところ、ショート動画プラットフォームで瞬く間に「時の人」となった。

「『ネット有名人』というのは普通の人と一緒だと思う。僕も『職人』と呼ばれるほどではない。ただ、手を動かして、おもしろいものを自分で作るのが好きなだけ」と耿さん。

余万倫さんもショート動画がきっかけで「時の人」となった。四川省瀘州市の無形文化遺産・油紙傘の伝承人である余さんは昨年、ショート動画プラットフォームのアカウントを作り、そこで油紙傘を製作する様子を撮影した動画や精巧で美しい完成品を紹介する動画をアップした。すると、しばらくして、大勢の若者が店に押し寄せて、油紙傘が全部売り切れるほどの人気になった。

ショート動画アプリ・抖音(Tik Tok)の統計によると、今年4月の時点で、伝統的な手工芸を含む国が指定する無形文化遺産1372種類のうち、1214種類が同アプリ上で紹介され、カバー率が88%を超えるようになっている。そして、関連の動画が2400万本以上投稿され、1065億回以上再生されている。投稿者の6割以上が「90後(1990年代生まれ)」だ。

ショート動画が大人気となり、「ネット上で大人気の職人」が次々に登場、その人気が海外にも波及するようになっている。ショート動画を活用して、四川省からスローライフを発信する女性・李子■さん(■はさんずいに七、その下に木)は、樹皮紙を造ったり、竹を編んで椅子やベッドを造ったりする様子を捉えた動画を投稿しており、そのアンティークな雰囲気漂う動画は世界中のフォロワーの心を虜にしている。李さんは動画共有サイト・ユーチューブ(YouTube)にも動画を投稿しており、海外のネットユーザーが中国文化を知る窓口となっている。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: