中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
  • descriptiondescription
「凪のお暇」が放送開始早々中国でも高評価 人生やり直しに共感
  ·   2019-08-02  ·  ソース:人民網
タグ: ドラマ;若者;文化
印刷

すべてのソーシャルメディアのアカウントを解除し、携帯電話の番号を変え、誰も自分を知らないところへ行く。自分を「リセット」し、人生をやり直す。こんな人生の「plan B」をやりたくてもできない人がどれだけいることだろう?日本のドラマ「凪のお暇」が中国で話題を集め、放送開始早々、レビューサイト・豆瓣の評価は9.4ポイントまで急上昇した。社畜たちがやりたくてもできない思い切った行動が、大都市に生きる若者たちの琴線に触れたからだ。

劇中のヒロインの名前は大島凪、28歳。「凪」は日本の漢字で、風がやむという意味があり、つまり何事もなく平穏無事ということだ。凪はありふれた会社員だった。職場ではつらい目や苦労に耐え、恭順で、ずっと自分の周囲の空気を読んでばかりで、周囲の付き合いの輪の中に入るために常に人の顔色をうかがい、ビクビクして生きてきた。さらには、他の人が何かミスをした時には、自らそのミスの責任をかぶることすらあった。退勤時間になり、用事があって急いで帰りたい同僚から終わっていない仕事を押し付けられても、笑いながら「大丈夫」とすべて引き受ける。同僚たちと自撮りをした時に、同僚が自分はきれいに写っているけれど凪は目を半開きにしている写真をSNSに乗せようとしても、凪はやめてと言うことができないばかりか、気持ちに反して「いいね!」をつけてしまう始末。

凪の恋人は慎二といって、凪の同僚。イケメンで八方美人の慎二は、職場でかなり受けが良い。凪にとって、慎二は自分が持っている唯一の「秘密のカード」といえる。慎二は凪のストレートの長い髪が好きだが、凪の髪の毛は実はひどいくせ毛。でも慎二に喜んでもらおうと、凪は毎日朝こっそり1時間早起きして髪の毛を真っすぐにセットせざるを得ない。こんな風にして、凪はいつの間にか人のご機嫌を取るタイプの人格になってしまったのだ。凪の最大の願いは、できるだけ早く慎二と結婚することだった。しかし、会議室の外で、慎二が男性の同僚に「結婚?ないない。一回食べた後の野菜を育てて何回も食べるし、作る飯も貧乏くさいし、コンセントとかいちいち抜くし。そういうケチくさい女、生理的に無理」と言っているのを偶然聞いてしまう。

123次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: