中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
  • descriptiondescription
中国人の暮らしに密かに入り込む自動運転
  ·   2019-07-18  ·  ソース:人民網
タグ: 自動運転;5G;文化
印刷

さまざまな飲み物が積み込まれた無人カーが、ゆっくりと路上を自動走行する。手を挙げるとこの車は近くに停まる。タッチパネルを操作することで、車内の商品を自由に購入できる。このようなシーンはSF映画の想像の産物ではなく、北京市の朝陽公園で実際に見られた光景だ。人民日報海外版が伝えた。

説明によると、朝陽公園は公園内のサービスを充実させ、園内のスマート化水準を高めるため自動運転販売車を導入した。筆者が取材したところ、この自動運転販売車は人の背の高さほどで、2台のカメラ、レーザーレーダーなど複数のセンサーが搭載されている。このかわいらしいテクニカル感溢れる車が朝陽公園の道路上を自動走行すると、多くの利用客が足を止めて目を向けた。自動運転車は停車すると小型自動販売機になる。QRコード決済によりミネラルウォーターをシンプルでスムーズに購入できる。

この自動運転車を製造している新石器慧通(北京)科技有限公司のスタッフによると、朝陽公園で使用されている自動運転販売車はすでに第2世代に突入しており、挙手による停車や顔認証決済の機能が新たに追加されている。朝陽公園のほかに、北京世界園芸博覧会の会場、河北雄安新区などでも使用されている。面積が広く売店のカバーが困難といった問題を解消した。

自動運転は近年注目を集めており、スマート都市建設、都市サービス水準向上の重要な一環とされている。自動運転販売車のほか、路線バスやタクシーなどの公共交通機関も自動運転の試みも開始している。自動運転が生活に入り込もうとしている。

深セン市、済南市、鄭州市などで自動運転路線バスの路上テストが展開されている。自動運転の公共交通における実用化が推進されている。深セン市は2017年12月に自動運転路線バスの開放的な道路におけるテストを行っていた。試験運転の路線は約1.2キロで、テストで使用された路線バスにはスマート運転システム、レーザーレーダーなどのセンサーが搭載された。自動運転中の歩行者・車両感知、減速・回避、緊急停車、障害物迂回、車線変更、停留所自動停車などの機能を実現した。済南市は今年1月22日に5G通信コネクテッドカー路上テストを開始し、自動運転路線バスの公開テストを行った。5G環境における商用車の路上テストを全国で初実施した都市になった。鄭州市も5月17日に開放的な道路で試験運転を行う5G自動運転バス路線を開通させた。路線の全長は約1.53キロで、IoT(モノのインターネット)技術と5Gネットワークのサポートを受けながら、多くの複雑な操縦任務を遂行できる。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: