中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
  • descriptiondescription
考える信号、スマート交通で渋滞を解消へ
  ·   2018-11-06
タグ: 交通;深セン;文化
印刷

赤信号で停まり、青信号で進む…交通信号の制御はどれほど難しいのだろうか。人と車の多い現代都市において、信号機はスマート技術の最も複雑な応用シーンの一つだ。深セン市は世界で人口密度が最も高い都市の一つであり、 2000平方キロ未満の土地に2000万人以上が生活している。道路の総延長は4640キロのみだが、自動車保有台数は335万台にのぼる。人・車・道路の関係を調整するためには、技術的手段のサポートが不可欠だ。深セン交通警察は今年6月、深セン市竜崗区坂田街道の9カ所の交差点で、スマートな交通信号制御プランを採用した。かつての「車が信号を見る」を、現在の「信号が車を見る」に変えた。車のスピードが平均で15%アップし、会社員の移動時間が1人平均で約10分短縮された。人民日報が伝えた。

深セン公安局交通警察局科技所の李強所長は、「以前は1人の技術者が30カ所の交差点を管理していた。車が増え続けているが、人の脳力には限りがある。現在は機械を使ったリアルタイムモニタリング、クラウドによる調整・配置といった科学技術により、渋滞解消の大きな成果を上げた」と説明した。

深セン市の「都市交通ブレーン」が稼働開始した。人工知能(AI)による違法通行の自動計測の精度は95%にのぼる。道路モニタリングシステムは動画クラウドにより都市全体の交通量を的全面に感知し、車両通行データを毎月約7億件収集する。交通現場のデータをビッグデータ処理することで、秒刻みの反応を実現。毎日の画像処理量は1000万枚で、違法画像の識別効率が10倍向上した。スマートで高画質でリアルタイムの「都市交通ブレーン」は、深センの交通の効率性を高めている。(編集YF)

「人民網日本語版」2018年11月6日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: