中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
  • descriptiondescription
自動運転車走行テスト関連の政策が中国各地で次々と 責任の所在はどこに?
  ·   2018-03-22
タグ: 交通;自動運転車;文化
印刷

昨年12月に北京が中国で初めて自動運転走行テスト規定を公布したのに続き、上海や重慶、深センなどでも相次いで関連政策が打ち出され、自動運転車の走行テストが規範化され、人々の交通の安全を保障している。その中で深センは政策への意見公募を行っている段階だ。中国新聞網が報じた。

各地の規定において、自動運転車の走行テストをする場合の車両やオペレーターに課される特別な要求とは?またどのように交通事故の発生を回避するのか?

走行テスト中の自動運転車両の見分け方は? 

北京、上海、重慶、深セン(意見公募中)はいずれも、走行テストを行っている自動運転車両には、標識を張り、一般車両とひと目で見分けがつくようにと規定している。

例えば、上海は、走行テスト中の車両は必ず、規定に基づいて、指定の位置に臨時のナンバープレートを置き、走行テスト中の標識を張らなければならないとしている。重慶は、走行テスト中の車両の目立つ位置に「自動運転走行テスト車両」の標識を張らなければならないとしている。

北京智通智能交通産業聯盟の呉瓊・秘書長によると、自動車教習用のエリアや車両がひと目で見分けられるように、自動運転車両の走行テストエリアと車両もひと目で見分けられるように区別されるとしている。一部の道路は、スマート化改造が実施され、自動運転車両の走行に適したより良い環境を提供する。

走行テストのオペレーターになれるのは? 

自動車運転免許を持っていても、走行テストのオペレーターになれるわけではない。

上海は、走行テストのオペレーターは、対応する車両の自動車運転免許を取得して3年以上の運転経験がなければならず、さらに、3周期連続で、12点満点の減点記録ゼロのドライバーと規定している。また、直近1年間で定員オーバーやスピード違反などの重い交通違反の記録、飲酒運転などの記録、死亡事故、人身事故といった違反記録ゼロのドライバーと規定している。

北京と重慶も、走行テストのオペレーターは自動車運転免許を取得し、3年以上の運転経験があり、飲酒運転や違法薬物を使用後に運転するといった違反記録がゼロのドライバーと規定している。

走行テストを安全に行うために、重慶は走行テストのオペレーターは連続で2時間以上運転してはならず、間に30分間以上の休憩をはさみ、1日の運転時間は6時間以下と規定している。

また上海は、走行テストのオペレーターは2時間ごとに30分間休憩し、1日の走行テストの時間は計8時間を超えてはならないと規定している。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: