中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
世界インターネット先端科学技術成果、18件が選出
  ·   2017-12-04
タグ: インターネット大会;科学技術成果;文化
印刷

3日午後に開かれた第4回世界インターネット大会世界インターネット先端科学技術成果発表イベントにおいて、「ファーウェイ3GPP 5Gプレ商用化システム」、「マイクロソフト小氷――感情計算AI」、「北斗衛星測位システム」、「摩拝(Mobike)スマートシェア自転車」、アップルの「AR Kit」などの18件のハイテクが、来場者を驚かせた。この18件の成果のうち、中国チームが開発したものが6割以上を占めた。人民日報が伝えた。

中国衛星測位システム管理弁公室の冉承其主任は、「北斗はより効率的で正確な時空サービスをめぐり、中国のプランを打ち出そうとしている。北斗はセンチメートル級高精度測位サービスを提供できる」と述べた。

ファーウェイの徐直軍・輪番CEOは、「インターネット開発において、中国はこれまで他者に追随していたが、5G時代では先頭を走る。ファーウェイ3GPP 5Gプレ商用化システムはワイヤレスネットワーク、基幹ネットワーク、中核ネットワーク、チップ、CPEなどのエンドツーエンド製品及びソリューションプランの構築と試験・検証を終えている。商用化の成熟度と製品性能などで、全面的に世界トップ水準に達している」と話した。

マイクロソフトのハリー・シャム上級副社長は「小氷は中国で誕生し、世界に進出しようとしている。小氷はすでに日本・米国・インド・インドネシアの4ヶ国に事業展開している。小氷は2014年に中国で誕生し、科学技術の歴史では最大規模のAI感情計算枠組みシステムになっている」と説明した。

同じく中国から世界に進出したのは、摩拝単車だ。同社の王暁峰CEOは、「当社はすでに中国を含む12ヶ国に進出しており、世界のユーザー数は2億人以上に達している」と紹介した。

今年の世界インターネット大会は中国、米国、英国、ドイツ、フランス、スウェーデン、アイルランド、フィンランド、韓国などから1000件近くのインターネット分野先端科学技術成果を集め、その件数は昨年より倍増した。国内外の有名専門家44人でつくる推薦委員会が、上述した18件の成果を選出した。(編集YF)

「人民網日本語版」2017年12月4日

12345次のページへ
世界インターネット先端科学技術成果、18件が選出--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: