中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
トランプ大統領が訪れた故宮の宝蘊楼 百年の歴史誇る西洋風建築物
  ·   2017-11-10
タグ: 故宮博物院;文化財;文化
印刷

習近平国家主席の招待に応じ、米国のトランプ大統領が11月8日から10日までの日程で、中国を公式訪問する。8日午後、習主席と彭麗媛夫人は故宮博物院でトランプ大統領とメラニア夫人を出迎え、両国首脳と夫人たちは故宮博物院内にある宝蘊楼で中国茶を味わった。百年の歴史を誇る宝蘊楼は、中国の外交を目の当たりにした「新たな宝」となった。

日が落ちて夕焼けの残照に映える故宮は、威風堂々とした赤壁に緑の瓦が美しさだけでなく、一種柔らかな雰囲気を添えている。西華門から入ると、ほど近い場所に木煉瓦構造の建築物が建っている。これが宝蘊楼。故宮の中で唯一現存する西洋風建築として、その独特な建築スタイルは故宮内の他の建築物とは大きく異なり、そのコントラストがひときわ際立っている。

▽名前の由来は、23万点にものぼる文化財から 

宝蘊楼はその名のとおり、「宝」と深い関係がある。

紹介によれば、1911年に辛亥革命が成功し、清朝が滅びると、北洋政府が清朝の宮殿を没収して管理した。1913年初頭、北洋政府は瀋陽故宮と河北承徳避暑山荘に保存されていた文化財を全て北京に移送することを決定。しかし、当時の北京には文化財をしっかりと保管できるような場所が足りなかった為、故宮の咸安宮跡に倉庫を建て、そこに国宝を保管することを臨時決定した。史料の記載によると、宝蘊楼は1915年に完成し、3150箱、約23万点の文化財が保管された。保管された文化財の大部分は金や宝玉、珍しい書物といった途方もない価値の宝物であったことから、倉庫を「宝蘊楼」と名づけたのだという。

123次のページへ
トランプ大統領が訪れた故宮の宝蘊楼 百年の歴史誇る西洋風建築物--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: