中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
世界の科学技術が中米2強時代に、日本は5-6位にとどまる JST調査
  ·   2017-06-23
タグ: 世界;科学技術;文化
印刷
 

日本文部科学省所管の科学技術振興機構が実施した調査によると、コンピューター科学・数学や化学など4分野で中国が世界トップに立ち、主要8分野で米国と並び、中米2強の時代に突入したとしている。環球時報が日経新聞(電子版)の記事を引用し、伝えた。

同機構は他の論文に引用された中国の論文の回数から、その影響力を調査。引用数が上位10%のトップ論文から米国、英国、ドイツ、フランス、中国、日本に所属する研究者のレベルを割り出した。中国は上述した2分野のほか材料科学と工学、米国は物理学、環境・地球科学、基礎生命科学、臨床医学で首位だった。3年連続でノーベル賞を受賞した日本は5-6位と低迷している。中国躍進の象徴がコンピューター科学。同分野では引用数が上位10%のトップ論文に占める割合が2000年の3%から2015年は21%に急成長した。スパコンの性能でも2013年から中国製が世界1位。昨年は1、2位を独占している。(編集YF)

「人民網日本語版」2017年6月22日

 
世界の科学技術が中米2強時代に、日本は5-6位にとどまる JST調査--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: