中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
北京国際映画祭「日本映画週間」が開幕 日本映画40作上映
  ·   2017-04-18
タグ: 北京国際映画祭;日本映画;文化
印刷

 

第7回北京国際映画祭の正式イベント「2017北京・日本映画週間」のオープニングセレモニー&オープニング上映が17日、北京万達国際影城で行われた。同イベントには、オープニング映画「家族の日」の大森青児監督や主演の伊原剛志、田中美里、映画「Please Please Please」の堀内博志監督や主演の佐藤流司がゲストとして出演したほか、コンペティション部門にノミネートされている「カノン」の雑賀俊朗監督と主演の佐々木希もスペシャルゲストとして登場した。また、映画週間応援団メンバーとして、岡山県高梁市イメージキャラクターと富山県公式マスコット・きときと君も駆け付けた。人民網が報じた。

今年は中日国交正常化から45周年を記念する年で、中国映画週間や日本映画週間が両国で開催されるのも12回目となる。今年の「2017北京·日本映画週間」は「家族の日」、「Please Please Please」、「本能寺ホテル」、「四月は君の嘘」、「グッドモーニングショー」、「ハッピーウエディング」など、日本社会のさまざまな側面をテーマにし、幅広い人気映画作品となっている6作が上映される。桜が満開となるこの季節に、観客たちはこれらの作品を通して、日本独特のムードをさまざまな角度から楽しむことができる。在中国日本大使館の山本恭司公使は挨拶の中で、「この6作を含めて、今回の北京国際映画祭では計約40作の日本映画が上映される。日中間の映画交流活動は日中両国の国民が互いに相手国の素晴らしい作品を鑑賞する絶好の機会となるほか、日中友好の面でも大きな役割を果たす。日本映画週間は日中国交正常化45周年の記念活動にも指定されており、この機会を通して、日中両国の理解と交流が一層深まることを願っている」と語った。

中国国家新聞出版広播電影電視(ラジオ・映画・テレビ)総局芸術処の陸亮・処長は挨拶の中で、「2006年に日本映画週間が中国で開催されて以降、中日両国は互いに映画週間を開催し、代表団を派遣して業務交流や合作映画の製作などを通して、両国が映画の面で連携、交流できる分野やコンテンツを開拓してきた。今回の日本映画週間では日本映画6作が上映され、観客はそれらを通して、日本の風土や人情を味わうことができるほか、中日両国の国民の友好的な思いも深めることができる。両国の映画人が映画週間などのプラットフォームを十分に活用し、交流や理解を深め、連携を行い、一層大きな成果を収めることを願っている」と語った。

今回の日本映画週間では、若さとロマンチックあふれる「ロリータファッションショー」や「中日アニメミニライブ」などの関連のイベントも、23日にまで特別に行われる。うち、「中日アニメミニライブ」は22日午後に白洋淀慶洋建国嘉楽比度假酒店で行われ、ロリータファッションの人気モデルAKIRA、木村優、声優の小原莉子が出演するほか、VOCALOIDの動画でイラスト・PVを手がけている制作者hieが初訪中となるmotsuやDJ KAYAと共に、ライブを披露する。同日夜には、中日ロリータファションショー が行われ、ロリータファッションの人気モデルの青木美沙子や木村優、AKIRAなどが中国のモデルと共に出演する。(編集KN)

「人民網日本語版」2017年4月18日

北京国際映画祭「日本映画週間」が開幕 日本映画40作上映--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: