中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
子供向けの絵本 中国のものと外国のものの違いは?
  ·   2015-11-26
タグ: 絵本;子供向け;文化
印刷

絵本は子供のいる親になじみがあるはずだ。大きな文字に子供の興味をそそる絵が描かれ、数分で子供が好むお話を聞かせてあげることができる。しかし、中国には、外国の絵本がたくさんあり、多くの親がそれを買っているのに対し、中国の絵本は極めて少ない。新華網が報じた。

絵本は英語で「Picture Book」。1902年に、「ピーターラビット」が出版されたのをきっかけに、世界で絵本が広く知られるようになった。中国では「図画書」とも呼ばれている。

3歳の娘と1歳の息子を持つ上海の陳さん(女性)は、「子供が読書ができる良い雰囲気を作り出すことを常に考えている。子供にたくさんの絵本を買ってあげたけど、その90%が外国のものであることに気付いた」と話す。

外国の絵本を好んでいる理由について、陳さんは、「きれいに印刷されており、もった瞬間、心地よく感じる。また、ストーリーも、子供だけでなく、私も好き」とし、中国の絵本については、「アニメを原作とする絵本もあれば、伝統的な物語を絵本にしているものもある。その他、機能性が強すぎるものもある。中国の絵本は通常、道理を説くために道理を説いており、おもしろみがない」と新鮮味に欠けることを指摘した。

12次のページへ
子供向けの絵本 中国のものと外国のものの違いは?--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: