中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
  • descriptiondescription
王毅外交部長「中国は内政不干渉を堅持、他国も内政干渉するな」
  ·   2018-09-29
タグ: 国連;平和;政治
印刷

王毅国務委員兼外交部長(外相)は現地時間26日、ニューヨークの国連本部で国際平和・安全維持に関する安保理会合に出席し、次のように述べた。新華社が伝えた。

国際平和・安全の維持は、国連憲章が安保理に与えた最も重要な責務であり、安保理全構成国共通の責任だ。国際平和・安全の直面する複雑な試練を前に、安保理は国連憲章により権限を授けられた公正な職責の履行を堅持し、政治的解決という基本方針を堅持し、団結強化と合意促進を堅持し、統合的計画・調整による合力形成を堅持する必要がある。

不拡散問題において、中国側は次の点を主張する。第1に、法の支配の原則を継承・発展し、国際的不拡散体制を強固にし、完全なものにする必要がある。第2に、複数措置の同時推進を堅持し、核拡散防止条約の履行をバランスよく推進する必要がある。第3に、国際協力を推進し、各国の拡散防止能力を高め、普遍的安全を実現する必要がある。

イラン核合意はようやく得られた多国間主義の成果であり、安保理が一致して承認したものだ。中国側はこれまでの約束を引き続き履行するようイランに促す。同時に、各国がイラン側と正常な経済・貿易協力を実施する合法的権利も尊重されるべきだ。中国側は長期的・大局的観点から、最終合意の厳粛性、完全性、有効性を維持するよう各国に呼びかける。

朝鮮半島には明らかな緩和の勢いが生じている。中国側もこのためにたゆまぬ努力を払ってきた。われわれは現在のチャンスを大切にし、捉え、各国の政治的約束を実際の行動に変え、朝鮮半島の非核化と平和体制構築という大きな方向に沿って引き続き前進し、朝鮮半島の恒久的平和の早期実現を目指す必要がある。

中国は国連憲章の趣旨と原則に対する厳粛な約束を堅守し、国連を中心とする現代の国際体制を断固として守り、自らの約束した国際的な責任と義務を真剣に履行する。われわれは共に努力して、共同建設・享有を堅持し、平和と安全を共に築くべきだ。

中国はかねてより内政不干渉の原則を堅持している。これは中国外交の伝統であり、国際社会の一致した称賛も得ている。われわれは過去にも現在にも、どの国の内政にも干渉したことはないし、将来もない。われわれは、中国に対するいかなるいわれなき非難も受け入れない。われわれは他の国に対しても、国連憲章の趣旨を遵守するよう呼びかける。他国の内政に干渉してはならない。(編集NA)

「人民網日本語版」2018年9月28日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: