中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
  • descriptiondescription
新たな時代、新たな青写真、新たな協力
  ·   2018-09-06
タグ: アフリカ;協力;政治
印刷

 

2018年9月3日から4日にかけて、中国アフリカ協力フォーラム北京サミットが北京で行われた。サミットのテーマは、「協力・ウィンウィン、手を携えてより緊密な中国アフリカ運命共同体を構築」だった。 

北京サミットは、中国アフリカ協力の新時代を開いた。今年のサミットは、中国が新時代に入ってから開催した重要なサミットであり、中国にとって重要な意義があり、アフリカにとっても同様に重要な意義を持つものだった。2009年から現在まで、中国はすでに9年連続でアフリカの第一の貿易相手国となっている。2017年、中国アフリカの貿易額は1700億ドルに達し、前年同期比で14%成長した。中国のここ3年の対アフリカ直接投資は平均で年間30億ドル前後を保っている。アフリカはすでに中国の重要な市場になり、中国はすでにアフリカの最も重要なパートナーとなった。中国アフリカは製造業や金融、観光、航空といった分野の協力でも新たな飛躍を遂げた。中国とアフリカの友好関係はありふれたものではなく、中国とアフリカの貿易関係もありふれたものではない。これも中国とアフリカの協力が新時代に入ったことを意味している。 

北京サミットは、新時代の「ロードマップ」を作り上げた。中国アフリカ協力フォーラムのヨハネスブルグ・サミットで、中国は中国アフリカが今後3年で共に「十大協力計画」を重点的に実施することを提起した。大まかな統計によると、「十大協力計画」実施以降、中国企業がアフリカで建設済或いは建設中のプロジェクトは、アフリカが約3万キロメートルの道路を新規建設し、港湾貨物取扱量が年間8500万トンに達し、1日当たり900万トンを超える浄水処理能力を持ち、2万メガワット近い発電力と3万キロ以上の送電・変電網を有することを助け、アフリカ諸国のために90万近い雇用機会を創出した。しかしこれらはすでに過去のものとなった。今年のサミットで、習近平主席は中国アフリカ協力「八大行動」(産業促進行動、インフラ相互接続行動、貿易利便化行動、グリーン発展行動、能力開発行動、健康衛生行動、人的・文化的交流行動、平和安全保障行動)を提起した。 

北京サミットは、全く新しい協力の開始を象徴している。中国はアフリカに多くのインフラ投資・建設を行い、マダガスカルのイヴァト際空港高速道路、エチオピアとジブチを結ぶアディスアベバ・ジブチ鉄道、ケニアのモンバサ・ナイロビ鉄道といった建設工事がアフリカ発展の新たなシンボルとなった。同時に、中国はアフリカの発展にとっても極めて重要な促進作用を果たした。今年の北京サミットで新たに打ち出された協力措置は、中国の「一帯一路」、アフリカ連合の「アジェンダ2063」、国連の持続可能な開発のための2030アジェンダとリンクし、中国アフリカ双方は産業発展やインフラ、貿易投資、人材資源開発、科学・教育・文化・衛生、生態環境保護、平和安全保障といった分野における中国とアフリカの協力に対し重点的に焦点を当てた。 

北京サミットで、中国アフリカ協力は新たな時代に入り、共に新たな青写真を描き出した。このことも、双方の協力の新たな開始を意味している。 

「北京週報日本語版」2018年9月6日 

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: