中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
  • descriptiondescription
政協制度の3つの「新しさ」
  ·   2018-03-06
タグ: 全国政協;政党制度;政治
印刷

3月4日午後、習近平中国共産党中央総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は全国政協第13期第1回会議に参加した中国民主同盟、中国致公党、無党派、帰国華僑連合会の委員合同会議に参加し、委員の発言に耳を傾けた後、重要演説を行った。演説で習総書記は、「中国共産党が指導する多党協力と政治協商制度は中国の基本政治制度であり、中国の土壌から生まれ育った新型政党制度である」との考えを示した。  

習総書記は新型政党制度ついて次のように説明した。「新型政党制度の新しさは、この制度がマルクス主義政党理論と中国の実際状況を結びつけた産物であり、偽りなく、広範に、長きにわたって最も多くの人民の根本利益と全国各族各界の根本利益を代表・実現することができ、旧式政党制度が少数の人、少数の利益集団を代表しているという弊害を効果的に回避したことにある。その新しさは、各政党と無党派をしっかりと団結させ、共通の目標に向かって奮闘するようにし、一党に対する監督が欠けていたり多党がかわるがわる政権を取り、過当競争を行ったりする弊害を効果的に回避したことにある。その新しさは、制度化・手順化・規範化された仕組みを通じてさまざまな意見と提案を集中させ、政策の科学化・民主化を促し、旧式政党制度が党派の利益、階級の利益、地域集団の利益にとらわれて政策決定や施政を行ったために社会が引き裂かれるという弊害を効果的に回避したことにある」。 

習総書記が詳細に説明した政協制度の3つの「新しさ」は、間違いなく人民政協が今後活動する上での重要な指導思想である。この3つの「新しさ」が示しているのは、人民政協への要求、責任、引き受けるべき務め、戒めである。 

さらに、人民政協は中国共産党の指導を堅持しなければならず、中国共産党指導下における多党協力であり政治協商である。これは歴史によって形成されたもので、中国の実際状況に合致しており、発展の検証を経た民主制度である。中国には9つ政党があり、中国共産党が執政党、ほかの8つの民主党派は参政党である。人民政協は中国共産党がマルクス主義統一戦線理論、政党理論、社会主義民主政治理論と中国が実際に行った実践とを結びつけた偉大な創造だと言える。人民政協の活動において、中国共産党の指導的地位を揺るがすことはできない。

「北京週報日本語版」20183月6

政協制度の3つの「新しさ」--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: