中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
北京市、海外からの入国者全員を14日間の隔離観察に
  ·   2020-03-16  ·  ソース:人民網
タグ: 北京;入国;社会
印刷


北京市人民政府の陳◆副秘書長(◆は草かんむりに倍)は15日、中国大陸部外からの輸入症例とその拡大を効果的に防ぐため、北京市共同対策メカニズムはより一層厳格で強力な措置を講じると発表した。人民網が各社の報道をまとめて伝えた。

まず、首都空港に外国及び香港・澳門(マカオ)・台湾地区から到着する全ての便は首都空港T3-D処置専用区に停機する。入国者に対しては全員、全項目に及ぶ電子化されたトレーサビリティのある情報化管理を実施する。

また、3月16日0時より、北京から入国する中国大陸部以外の全ての人々を、集中観察施設に移送し14日間の隔離観察を実施する。特殊な事情がある場合は、厳格な審査を経て、自宅での隔離観察を選択できる。集中隔離観察期間の被隔離者の費用は自己負担とする。

虚偽の報告をし、病状を隠し、感染拡大を招いた者は法律・法規にのっとり責任を追及され、これは社会信用システムにも反映される。

■タイで感染しながら、帰国後も旅程を隠し、自宅隔離もしなかったため、警察側がすでに立件し調査したケース 

3月15日、北京市疾病予防控制センターは新たな感染者の滞在したことのある集合住宅や場所を公表した。うち1人はタイで感染した輸入症例。王某、女、31歳、戸籍は浙江省台州市。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860

中国語辞書: