中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
大学生がネットゲームに費やす時間は平均1日2時間の調査結果
  ·   2019-04-19  ·  ソース:人民網
タグ: ネットゲーム;大学生;社会
印刷

2018年の中国社会科学院「中国大学生追跡調査(PSCUS)」の研究結果がこのほど発表された。全国18大学の大学生を対象として行われたこの調査の結果、約6割の大学生が、「ネットライブ配信を観たことがある」と答え、そのうち14.4%は、「ほぼ毎日見ている」とし、1週間に1回以上ネットライブ配信を観ている人は、サンプル総数の5分の一以上であることが判明した。中国青年報が伝えた。

このほか、男子学生がネットライブ配信を観る頻度は、女子学生を上回っており、女子学生の約半数は「ネットライブ配信を観たことがある」と答え、男子はこの割合が7割に達した。

今回の調査に携わった社会科学院の博士課程学生・郭亜平さんは、「大学生の約4割が、ネット有名人に関心を抱いていた。このうち8.0%は、ほぼ毎日、気になるネット有名人の動向をチェックしており、16%は少なくとも週1回チェックしている」と紹介した。

大学生が視聴しているネットライブ配信やネット有名人をジャンル別でみると、「95後(1995年から2000年生まれ)」に人気が高いジャンルは、「ゲーム」や「科学技術」、「美容・コスメ」だった。一方、人気が低かったライブ配信のジャンルは、「財政経済(2%)」と「教育(3%)」だった。

「ネットライブ配信プラットフォームでライブ配信を実際に行ったことがある」と答えた大学生は8.0%、「番組のキャスターになりたいと思っている」は、23.8%だった。このうち3割以上が、「ゲーム番組のキャスターになりたい」と答え、約2割が「グルメ番組のキャスターになりたい」とした。

インターネットを利用し始めた年齢についてみると、「80後(1980年代生まれ)」や「90後(1990年代生まれ)」の大学生に比べ、「95後」の大学生の方が早く、初めてネットを利用した平均年齢は11歳だった。一方、2000年生まれの大学生の平均年齢は9歳だった。

ネットゲームは、若者を研究する際に切っても切り離せないテーマだ。整理されたデータによると、大学生がネットゲームに費やす時間は、1日約2時間で、「ほぼ毎日ネットゲームで遊ぶ」と答えた大学生は2割を上回った(22.95%)。ネットゲームはもはや男子学生の専売特許ではなくなり、女子学生の約半分(47.7%)も、ネットゲームを楽しんでおり、「ほぼ毎日ネットゲームで遊ぶ」とした女子学生は14%、「週1回以上はネットゲームで遊ぶ」女子学生は5分の一に達した。

ネットゲームをする学生を学校の種類別に見ると、高等職業学校・学院の学生は約7割、大学学部学生は5割以上、双一流大学(世界一流大学・一流学科)の学生は6割以上にそれぞれ達した。(編集KM)

「人民網日本語版」2019年4月18日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: