中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
5種類の「航空機に乗らない方が良い人」 ダイビング後24時間の搭乗はNG
  ·   2018-08-06
タグ: 航空機;事故;社会
印刷

台湾エバー航空の台北発米ヒューストン行きフライトの機内でこのほど、旅客の死亡事故が発生した。この旅客の死因は現在調査中だが、実のところ、航空機に乗ることにはある程度のリスクが伴い、「飛行機に乗らない方が良い」5種類の人が存在する。台湾「聯合網」の報道を引用して中国新聞網が伝えた。

(1)ダイビング後24時間以内の搭乗はNG

酷暑の夏、ダイビングを楽しむ人は多い。暑さが吹き飛ぶだけではなく、海底の美しい世界を堪能することができる。だが、ダイビング後24時間以内に航空機に搭乗すると、離陸後の低圧環境が原因で、皮膚のかゆみ、発疹、関節痛などの症状を発症する恐れがある。酷いケースでは、器官の衰弱や麻痺がおこり、死にいたる場合もあることから、注意しなければならない。

(2)深部静脈血栓症の患者は要注意

航空機に搭乗中は、狭い空間の中で長時間座り続けなければならないので、下肢の血液はスムーズに流れにくくなり、深部静脈血栓症を発症しやすくなる。これは、健康な人にとってはそれほど深刻な病気ではないが、心臓病患者や腿部静脈の手術を受けたばかりの人、静脈血管炎や血液凝固反応に異常が見られる人などのハイリスクグループにとっては、かなり深刻なダメージがもたらされる。

静脈血栓が肺に流れて肺部血管の流れが悪くなると、赤血球と酸素との結合が阻害され、呼吸困難、胸痛、喀血などの症状を引き起こし、症状が重い場合はショック死に至るおそれがある。このような症状が見られる患者の多くは、エコノミークラスに搭乗していることから、「エコノミークラス症候群」とも呼ばれる。

この状況を予防するため、旅客は水分やジュースを多めに摂取し、喫煙・アルコール・カフェイン含有飲料の摂取を避けること。身体を締め付けない、ゆったりとした衣類を身に着け、機内でも、首を動かす、腕をストレッチする、膝の曲げ伸ばしをする、すねを叩く、マッサージする、足首を回すなどの適度な運動を行うと良い。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: