中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
鉄道乗車料金が「変動相場制」を導入へ
  ·   2018-04-23
タグ: 鉄道;乗車料金;社会
印刷

今月28日から年末まで、鉄道部門は都市間鉄道28本の一部高速鉄道の乗車料金を引き下げ、一部路線では20%引きとする。また鉄道部門は、今後は市場の需給状況に基づき柔軟に調整し、「変動相場制」の試行を進めていくとしている。央視財経が伝えた。

◆鉄道部門は一部高速鉄道の乗車料金を引き下げ、最大20%引き

鉄道乗車券予約購入サイト「12306」に接続したところ、27日の広州南から珠海までのD7261列車は、一等席の価格は90元(1元は約17.15円)、二等席が70元だった。28日は一等席が72元、二等席が56元。鉄道部門は広州-珠海、丹東-大連、鄭州-開封などの都市間鉄道28本の一部高速鉄道の乗車料金を引き下げ、最大で20%引きになるとしている。

北京交通大学の馬敏書准教授は、「値下げにより乗客が利用に積極的になり、一部の乗客はピーク時を避けるため、確かな需要のある乗客に輸送力が残される。そうなれば鉄道全体の収益が拡大する」と分析した。

◆一部では価格上昇、京滬高速鉄道が変動制を採用

また最近の京滬高速鉄道の寝台高速鉄道の乗車料金を調べたところ、一部で価格が上昇していた。上海-北京の寝台高速鉄道D312列車の今週20日の価格を例とすると、650元から740元に上昇していた。専門家は、変動制の試行は2015年より始まっている。その料金調整は、鉄道ビッグデータの分析に基づいているという。

馬氏は、「鉄道部門は大量の調査を行い、乗客の支払いの意欲、値下げへの敏感度の研究を行っている」と話した。

専門家はまた、「京滬高速鉄道の乗車料金変動制は、月曜から木曜及び土曜を平日料金、金曜と日曜を週末料金とし、将来的に『変動相場制』を試行していくことになる」と表明した。(編集YF)

「人民網日本語版」2018年4月21日

鉄道乗車料金が「変動相場制」を導入へ--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: