中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
22年北京冬季五輪の会場・インフラの建設がすべて着工
  ·   2018-03-13
タグ: 冬季五輪;北京;社会
印刷
2017国際ウィンタースポーツ(北京)博覧会で好評を博した、北京冬季五輪組織委が開設した冬季五輪をテーマにしたブース(撮影・王牧青/北京冬季五輪組織委オフィシャルサイトから)。

韓国平昌(ピョンチャン)五輪が閉幕し、冬季五輪のスポットライトが北京へと正式に移された。北京市副市長で、北京2022年冬季五輪・パラリンピック組織委員会執行副主席の張建東氏は6日、北京冬季五輪の会場やインフラの建設はすべて着工していることを明らかにした。人民日報が伝えた。

北京新空港と、試合会場が設置される北京、延慶、張家口の3つ競技エリアを結ぶ高速鉄道は、19年末の五輪テストマッチまでに開通する条件が整う予定だ。北京五輪組織委の新聞宣伝部の常宇・部長は2月24日、「完成すれば、北京から高速鉄道に乗ってわずか20分で延慶に、50分で張家口に行くことができる」と説明した。

張氏は、「今後大切なのは、北京冬季五輪・パラリンピックの会場やインフラの建設をしっかりと行い、競技の組織とサービスの確保を全面的に推進し、ウィンタースポーツの普及やその競技の発展を大々的に推進すること。今年中に五輪のマスコットキャラクターの募集もしなければならない」としている。

北京冬季五輪の最大の特徴は、08年北京夏季五輪に使用した会場・施設などを十分に活用することで、多くの会場が改造して使用される。北京冬季五輪組織委のオフィスエリアが設置される首鋼北京パークも、旧工場エリアを改造して設置される。(編集KN)

「人民網日本語版」2018年3月13日

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: