中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
新年の雰囲気が薄まったのか、暮らしがよくなったのか
張頤武  ·   2018-02-22
タグ: 春節;新年;社会
印刷

春節(旧正月)の7連休が終わった。「もっと長かったらいいのに」と感じた人も多いだろう。しかし「新年の雰囲気が感じられなくなった」と思う人も少なくないのではないか。しかも、ここ数年それがどんどん進んでいる。この点について、私たちは自分たちの文化、ひいてはその最も核心的な部分を失いつつあるのではないか、と心配する人もいる。私の見るところ、こうした心配に道理がないわけではないが、やや思い過ごしでもある。

実際のところ、注意深い人なら、ここ数年「新年の雰囲気が感じられなくなった」という声が高まると同時に、春節の準備や計画の時期がますます早くなっていることに気づいているだろう。このことから、春節は依然として中国人にとって最も重要な祝日であることが分かる。では、なぜ新年の雰囲気が以前より感じられなくなったと思うのだろうか?

まずは時間だ。以前、春節の休みは今ほど長くなく、祝い始めるタイミングも今ほど早くなかったため、とても大切にされていた。現在の春節は7連休で、中には従業員に10日以上の休暇を出すところまであり、気分的な盛り上がりが弱まるのも情理にかなっている。

次がシンボルだ。これまで年越しのシンボルだったものがなくなったり、存在感が薄くなったりしている。最も典型的な例が爆竹だ。以前は安全上の問題で制限・禁止されたが、現在は大気汚染対策のためである。

3番目は機能だ。春節の多くの機能が弱まった。例えば、これまでは年越しに一家が共に食卓を囲んで一家団欒し、食卓に並ぶ魚料理や肉料理などのご馳走は本当に意義があるもので、美味と称するに足るものだった。それが現在では、暮らし向きがますます良くなり、おいしいものを食べたいという欲求を大晦日の夜のご馳走で満たすといった意味合いはほとんど存在しなくなった。爆竹はまだ北京の5号環状道路の外側で鳴らすことはできるものの、以前のような興奮はもう味わえない。今では娯楽手段がますます多様化し、しかも1年365日いつでも楽しめるからだ。

改革開放40年で中国の物質生活は極めて豊富になり、春節は新たな意味合いを持つようになったと言える。つまり、春節は中国人にとって新年の祝日でもあり、バケーションでもある。春節は依然として中国人にとって最も重要な祝日である一方で、最も重要な休暇でもあるのだ。

12次のページへ
新年の雰囲気が薄まったのか、暮らしがよくなったのか--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: