中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
2017年中国ホワイトカラーのキーワードは「焦燥」
彼らをとりまく「多い残業、少ない休暇、難しい昇進」
  ·   2018-01-24
タグ: ホワイトカラー;仕事;社会
印刷

オンライン求人サイトの「智聯招聘(Zhaopin.com)」はこのほど、「2017年ホワイトカラー満足度指数調査報告」を発表した。報告によると、昇進のチャンスが限られていること、日常的な残業、休暇が少ないといった理由から、2017年における中国のホワイトカラーの仕事に対する満足度はやや低かった。PRニュースワイヤーの報道を引用して参考消息網が伝えた。

智聯招聘は、ホワイトカラーを対象に、2017年の自身の仕事に対する満足度に関する年次調査を実施した。仕事に対する満足度は、給与、福利厚生、研修・トレーニング、昇進のチャンス、人間関係の各指標から判定され、1万2千人以上のホワイトカラーが調査に参加した。

上海の街頭で行われた「孤独なソファー」と題したパフォーマンス。女性40人が集団でソファーの上に立ち、「8月16日は残業しない」と大声で呼びかけた。(撮影・張亨偉)

●最も不満な点は「昇進のチャンス」 

調査の結果、2017年における中国のホワイトカラーの仕事に対する満足度はやや低く、満足度指数は2.64(指数は0~5で5が最高)と、2016年の2.33と2015年の2.28と比べるとやや上昇したものの、低レベルの範囲にとどまっている。

ホワイトカラーが最も不満に感じているのは、「昇進のチャンス」で、満足度指数は2.17だった。昇進したホワイトカラーの割合は27.5%にとどまり、「2017年は昇進しなかった」人が54.7%を占めた。昇進する理由について「個人的努力による」と考えているホワイトカラーは24.2%、「企業の方針による」が32.8%だった。不満に感じていた2番目は「福利厚生」で、満足度指数は2.43。給与に対する満足度指数は2.47だった。

智聯招聘の調査によると、中国のホワイトカラーのうち、「毎週残業しなければならない」とした人は約85%に上った。「週5時間から10時間残業する」とした人は21.3%で、「休暇を取らなかった」とした人は約33.3%、「休暇を取得したのは5日未満にとどまった」とした人は25.5%だった。

12次のページへ
2017年中国ホワイトカラーのキーワードは「焦燥」<BR>彼らをとりまく「多い残業、少ない休暇、難しい昇進」--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: