中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
大上清宮 今までに発掘された最大規模・最高ランクの道教遺跡
  ·   2018-01-24
タグ: 遺跡;伝統文化;社会
印刷

121日に開かれた江西省鷹潭大上清宮遺跡考古成果専門家論証会は、大上清宮遺跡の発掘調査における段階的成果を発表した。考古学専門家は、龍虎山の大上清宮遺跡は中国において今までで発掘の規模が最も大きく、ランクが最も高く、地層の境界が最も鮮明で、出土遺跡が最も豊富な皇室道観建築の特徴をもつ道教の「正一派」の祖庭(開祖が在住、宣教または埋葬された道観)遺跡であり、宗教考古学における重大な突破口であるとした。 

大上清宮遺跡は中国において、現在までに残っている宋代(9601279年)以来の最高ランクの皇室道観建築遺跡であり、中国の伝統文化研究に貴重な実物資料を提供している。(写真は全て新華社の万象記者が撮影)

大上清宮遺跡

1234次のページへ
大上清宮 今までに発掘された最大規模・最高ランクの道教遺跡--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: