中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
レジ袋規制から10年、グリーン生活への道は未だ半ば
  ·   2017-12-07
タグ: レジ袋;環境保護;社会
印刷

 

2007年12月に出された「レジ袋規制令」は、人々の買い物習慣を変えた。しかし、自由市場・スーパーから宅配便・フードデリバリーまで、生活の中からポリ袋はまだ消えていない。このほどあるメディアが調査を行った結果、施行から10年近くが経ち、「レジ袋規制令」の政策効果は徐々に弱まりつつあると結論づけ、議論を呼んでいる。

疑うまでもなく、「レジ袋規制令」の施行により、発泡スチロール製容器やポリ袋などで環境が汚染される「白色汚染」が減り、人々の環境保護意識は高まった。国家発展改革委員会が昨年発表したデータによると、「レジ袋規制令」実施以来、ポリ袋の使用は累計約140万トンで、全体で3分の2以上減少し、840万トンの石油を節約したことになる。実際の生活においても、スーパーや市場に買い物袋を持参している消費者も多い。

しかし、中にはこんな疑問を呈する人もいる。ポリ袋を生産する正規メーカーは規制できても小規模工場は規制できていないし、大型スーパーは規制できても小さな売店は規制できていないのではないか。「インターネット+」の出現にともなって、宅配便やフードデリバリー分野がポリ袋を大量に消費するようになり、監督管理の盲点になっている。データによると、昨年宅配便業が使用したポリ袋だけで147億枚にも達した。これに超薄型ポリ袋の流通など従来からの問題が効果的に解決されていないことを加味すると、「レジ袋規制令」の効果は弱まっていると思わざるを得ない。

「レジ袋規制令」の効果が阻害されているのは、確かに新たな問題と従来からの問題が重なった結果だ。法執行部門の証拠押さえや法執行が難しいといった問題が依然として存在する一方で、小規模工場のような生産サイドや自由市場のような販売サイドを規制しきれていないのだ。

12次のページへ
レジ袋規制から10年、グリーン生活への道は未だ半ば--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: