中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
音声ガイド付映画を11年間で645回、視覚障害者を支援する「心目映画館」
  ·   2017-03-17
タグ: 視覚障害者;映画館;社会
印刷

 北京市西城区鼓楼西大街にある紅丹丹視覚障害者支援ボランティアセンターには、「心目映画館」という一風変わった名前の映画館がある。この映画館に映画を観に来る人は、視覚障害を持つ身体障害者で、彼らは音声ガイドを聴きながら映画を鑑賞する。北京青年報が伝えた。 

〇「心目映画館」は毎週土曜日に上映  

2005年5月から現在まで「心目映画館」では、毎週土曜日の午前中に、ボランティアによる音声ガイド付映画上映を行っている。昨年3月5日、鼓楼西大街にある「心目映画館」では第575回目となる音声ガイド付映画が上映された。その際に視覚障害者のために上映したボランティアは全員、中央テレビ(CCTV)財経チャンネルのキャスターたちだった。彼らは、8年前から同映画館での音声ガイド付き映画上映活動を支えてきた。

当日、観客のために音声ガイドを担当したのは、財経チャンネルの謝穎穎キャスターだった。彼女は、「心目映画館」で視覚障害者のために映画音声ガイドを務めた財経チャンネルキャスター第一号だ。彼女の語りに誘われて、視覚障害者は彼女とともに、コメディ映画「ロスト・イン香港」の世界を堪能した。

2時間におよぶ上映の間、謝キャスターの語りは一度も止まることはなかった。謝キャスターが観客に映画の内容を語る一方で、他の11人のキャスターが別の部屋で視覚障害者のためオーディオブックを録音していた。このオーディオブックのおかげで、視覚障害者は、より多くの書物を読むことができて、それによって視野が広げることができるのだ。

財経チャンネルの馬洪涛キャスターは、「『心目映画館』では、毎週土曜が全て3月5日と同じように活動する。我々は、より多くの人々がボランティアとして参加し、身近にいる視覚障害者に関心と愛を持ってくれることを、切に願っている」と話した。

12次のページへ
音声ガイド付映画を11年間で645回、視覚障害者を支援する「心目映画館」--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: